全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーは毎日した方がよいのでしょうか?

毎日
シャンプーを毎日する人がほとんどです。
でも、「シャンプーは毎日しなくてもいい」
という意見もあります。
本当は、どちらなんでしょうか。

シャンプーを毎日するかどうかは、ケースバイケースです。
でも、毎日シャンプーをする必要のない日本人がほとんどです。
シャンプーの回数について考えていきます。

毎日シャンプーすることで、トラブルを招く

皮脂が果たす役割

髪にとって、皮脂はコーティングの役割をしています。
このコーティングは潤いを保ち、雑菌から髪や地肌を守っています。

皮脂が髪に行き渡るには、一日かかると言われていますが、
毎日シャンプーをしていると、
せっかくいき渡った皮脂が、その度に洗い落とされてしまいます。

ですから、毎日シャンプーをしない方が、髪の健康を保てるのです。

歴史的、世界的にシャンプーの頻度を俯瞰してみよう

昔は、髪は水洗い、あるいは小豆のゆで汁などで、たまに洗っていただけでした。
毎日のシャンプーが定着したのは本当に最近のことです。

歴史的に見ても、毎日のシャンプーは異常なことだと言えます。

また、主要先進国でも、毎日シャンプーをする国というのは珍しいのだそうです。

ましてや日本人は欧米の人に比べても皮脂の分泌が多くない人種です。

なのに、毎日シャンプーするのは、やはり洗いすぎだと思いませんか?

毎日シャンプーをした方がいいケース、しない方がいいケース

毎日シャンプーをしてもいいケース

ガソリンスタンド勤務、油を使った工場勤務、
毎日たくさんの汗をかく仕事をしている人など、
毎日シャンプーをした方がいい人もいます。

特に汗や埃で汚れた場合も、きれいに洗いたくなります。

また、ヘアスタイルの関係で、スタイリング剤を使っている場合には、
シャンプーで落とした方がいいと思います。

スタイリング剤は髪にとってはいらない物、異物であって、汚れと同じです。
スタイリング剤は、毎日洗い落としてください。

それでも、あまり油っぽくなく、お湯で落ちるタイプのスタイリング剤なら、
お湯だけでもいい場合もあるかもしれません。

髪が乾燥する方はシャンプーを控えてみよう

スタイリング剤の中には、広がる髪を抑えるタイプの物がありますよね。
抑えないと髪が広がってしまう方、もしかして、髪が乾燥していませんか?

その原因が、シャンプーのしすぎの場合があります。

もし、心当たりがあるなら、シャンプーを一日おきにしてください。
髪の乾燥が収まるかもしれません。

乾燥してふけが出る、という場合も、シャンプーをしすぎているかもしれません。
そんな方も、シャンプーは一日おきにしてみてください。

洗いすぎても皮脂の分泌が増える場合がある

皮脂の分泌が多い人も毎日洗った方がいいと言われます。
でも、気をつけて欲しいのが、
皮脂の分泌が多い原因のひとつに、洗いすぎがあるということです。

シャンプーのしすぎで頭皮が傷んでくると、
頭皮を守るために皮脂の分泌が増えることがあります。

では、髪がベタベタして、毎日洗いたいという方はどうしたらいいのでしょう。

おすすめしたいのが、一日おきにシャンプーを使い、
シャンプーを使わない日にはお湯だけで洗う方法です。

特に、髪が短い方、男性の場合には一日おきのお湯洗いをおすすめします。

「どうしても毎日洗いたい」という方に、おすすめのシャンプー

毎日シャンプーをしてしまうのは、
毎日洗うのがクセになっているとか、洗わないと周りに“不潔”と思われそう、
という強迫観念が原因になっているように思います。

シャンプーの回数がどうしても気持ちの上で減らせない!
と思っている方におすすめなのが、
アミノ酸シャンプーを使うことです。

アミノ酸シャンプーは、価格は高いですが洗浄力がマイルドで、
髪や頭皮への刺激が少なくなります。

ですから、毎日のシャンプーの刺激の影響も少なくなります。

そして、ここがポイントなのですが、
アミノ酸の洗浄成分は原価が高くつくため、
品質が良いだけでなく価格も高くなっています。

すると、気持ちの上で「もったいない。」という気持ちが働き、
回数を減らすきっかけになるかもしれません。

シャンプーは毎日しなくても、髪の健康を保てます。
むしろ毎日シャンプーをするためにトラブルをかかえている人もいます。
品質の良いアミノ酸シャンプーを使い、洗いすぎないことが健康を保つ秘訣です。

コメントを残す