全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーをしても、髪にベタつきを感じるのは、どうしてでしょう?その2

ベタつきシャンプーをしているのに、髪のベタつきが気になる
という悩みは、意外に多く目にします。
どうして髪がベタつくのでしょう。

髪のベタつきの原因はたくさんあり、解決方法も違いますが、
一番大切なのは、毎日のお手入れです。
頭皮と髪に合うシャンプーを使い、正しく洗髪することで、
解決することも多くあるはずです。
原因と解決方法について、くわしく紹介しますね。

シャンプーしても髪のベタつきが気になる時の、解決方法

ベタつく原因はいろいろですが、
ベタつきをなくす方法について、お話しします。

ベタつきをなくす、髪の洗い方

はじめに、湯船につかって体を温め、
毛穴を開かせます。

まず、しっかりとお湯で予洗いをします。
これがとても大切です。

2分以上はシャワーで流し、頭皮マッサージをします。

その後、泡立てたシャンプーを頭につけて、
空気を送り込むように、指の腹で頭皮をマッサージするように
頭全体を優しく、丁寧に洗います。

その時に、下から上に向けて洗髪すると、
毛穴の汚れを良く落とせます。

毛髪は下向きになっているので、
下から上に押し出すように洗った方が良いのです。

お湯の温度は、少しぬるめがおすすめです。

髪をよく乾かす

洗髪後、頭皮がぬれたままになっていると、
雑菌が繁殖して頭皮トラブルを起こすことがあります。

雑菌や、頭皮のトラブルが原因で、
髪がベタつくことがあるんです。

髪を洗った後は、ドライヤーで
しっかりと頭皮を乾かしてくださいね。

暑い季節は、最後に冷風を当て手乾かすと、
頭皮がさっぱりとしますよ。

オイルを使って予洗いする方法

皮脂の分泌が多い人に紹介したい方法が、
クレンジングオイルを使う方法です。

脂分をよく落とせるのは、油です。
この発想で、シャンプー前にクレンジングオイルで
頭皮をマッサージすると、余分な脂分を落とせるそうです

化粧落としのクレンジングオイルは水で落ちやすく、
マッサージ後に軽くすすぐと、だいたい落とせます。

その後で普通にシャンプーをすると、
脂分がすっきりと落とせるそうです。

重曹を使って洗う

頭皮や髪のベタつきに、
重曹を使って洗のもひとつの方法です。

重曹大さじ1杯位を手にとって、
同量のお湯と混ぜます。

それを少しずつ、頭皮につけて、マッサージします。

少しざらざらするので、強くこすらず、
丁寧に、全体をマッサージします。

4~5分ほどマッサージした後、お湯で洗い流すと、
余分な脂分をすっきりと洗い落とせるそうです。

いくつか、解決方法を紹介しましたが、
一番大切なのは、日々のお手入れですね。

髪がベタつくのは、体質の他、シャンプーの種類や方法にも原因があります。
良いシャンプーで正しくシャンプーをすると、解決するかもしれません。
あなたに合うシャンプーで、髪のベタつきが解消されることを願っています。

コメントを残す