無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤

厚生労働省が認めた育毛剤
チャップアップ(CHAPUP)
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き

シャンプーも合成洗剤なのですか?合成シャンプーは、髪や地肌によくないのですか?

合成洗剤合成洗剤は肌に良くないと言われます。
シャンプーにも、いろいろありますが、
シャンプーに合成洗剤のものがあるのでしょうか。
そして、髪や地肌にはよくないのでしょうか。

ほとんどのシャンプーには、合成洗剤が使われています。
合成洗剤とは何なのか、そして、合成洗剤は地肌や髪に良くないのか
考えていきます。

合成洗剤のシャンプーはあるのですか

合成洗剤というと、肌に悪い印象があります。

でも、合成洗剤とは、そもそも、
どんなものなのか、わかりますか?

合成洗剤とは、科学的に合成された洗剤全てを言います。

洗浄成分が、純石けん以外の洗剤が、合成洗剤なんです。

特に、界面活性剤の含有割合が
30%以下のものを複合せっけん、
それ以上のものを合成洗剤といいます。

シャンプーは、石けんシャンプーと書かれているものの他は、
全て、合成洗剤のシャンプーです。

合成洗剤シャンプーの洗浄成分 ~原材料の違い~

では、合成洗剤の洗浄成分には、
どんなものがあるのでしょう。

合成洗剤の、洗浄成分の原料には、
石油、アルコール、アミノ酸、タンパク質、
油脂、糖質、コラーゲンなどがあります。

合成洗剤の中にも、
「天然」「植物由来成分」とあるのは、このためです。

つまり、合成洗剤の中には、石油を原料にしたものと、
植物など、天然のものを原料にしたものがあるのですね。

自然のものからできた洗浄剤には、
アミノ酸系、脂肪酸系、ベタイン系といわれるもので、
高級アルコール系、硫酸系は、石油からできたものです。

自然のものからできた洗浄剤は、
洗浄力が弱く、低刺激だといわれます。

反対に、石油からできた洗浄剤は
洗浄力が強すぎて刺激が強いといわれています。

合成洗剤のシャンプーは肌や髪に悪いのですか

これは、専門家によっても見解が分かれます。

合成洗剤であるシャンプーの良い点と良くない点、
さらに、石けんシャンプーの良い点と良くない点について、
考えてみます。

合成洗剤のシャンプー

まず、合成洗剤のシャンプーで
良い点は、扱いやすい点です。

泡立ちが良く、汚れ落ちが良く、
保湿剤やコーティング剤を配合することで、
扱いやすい髪にできます。

良くないと言われるひとつは、「経皮毒」です。

経皮毒とは、「皮膚から害のある化学物質が浸透していく」
という説です。

しかし、反論としては、
「皮膚には防御力があるので浸透しない」
ともいわれています。

さらに、「合成洗剤は刺激が強く、地肌や髪を不健康にする」
という意見があります。

しかし、合成洗剤にも、刺激の強いものと弱いものがあります。
いちがいに、全てが悪いとは言い切れない、という意見もあります。

石けんシャンプー

石けんシャンプーの良い点として、
5000年以上も人間が使ってきたので、
安全性が確認されているということです。

また、分解されやすく、
自然への悪影響がないのも良い点です。

反対に石けんシャンプーの良くない点としていわれるのが、
「石けんカスがとれにくく、皮膚や髪に付着する」
ということです。

しかし、「十分にすすげば石けんカスは取れる」
という意見もあります。

石けんシャンプーが良くて、合成洗剤のシャンプーが悪いの?

髪や地肌に良いか悪いかを、
使っているシャンプーの洗浄成分だけで
判断するのは難しいことです。

シャンプーには洗浄剤の他に、
たくさんの成分が含まれています。

また、シャンプーを正しく使わないと、
良いシャンプーを使っていても、
髪や地肌を痛める原因になります。

ただ、洗浄成分がトラブルの原因になるケースも
多くあります。

その時には、洗浄成分を見直すことも必要です。

それぞれの特徴を見極めて、
正しくシャンプーを使うことが大切ですね。

石けんシャンプー以外のシャンプーは、全て合成洗剤のシャンプーです。
しかし、全ての合成洗剤のシャンプーが悪いとは言い切れません。
それぞれの特徴を理解して、正しくシャンプーをすることが大切です。

コメントを残す