無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤

厚生労働省が認めた育毛剤
チャップアップ(CHAPUP)
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き

経皮毒が含まれているシャンプーは使用しない方が良いのですか?

経皮毒髪に良いシャンプーを探していたら、シャンプーや
家庭用洗剤などには、経皮毒が含まれていて、
体内に蓄積し危険だという話を良く聞きます。
もっともらしい話ですが、あなたもこの話信じますか?

経皮毒の説明を聞くと、説得力がそれなりにあって、
身体に悪いと納得してしまいます。
経皮毒の正しい説明と良いシャンプーの選び方を説明しますね。

シャンプーなどで問題の経皮毒とは、どのような毒のこと?

経皮毒とは、有害な合成化学物質が皮膚や粘膜から体内に吸収されていき、
蓄積することで、薄毛やアトピーなどの病気の原因となることを
総称する言葉です。

確かに合成化学物質は身体にとって有害なものがたくさんあり、
それらの成分の一部は、シャンプーや洗剤、化粧品など多くの製品に
使われています。

そして、それらの成分が皮膚や粘膜から吸収されることは、
皮膚に貼る湿布薬や化粧品が皮膚への浸透で効果を発揮することから
実感できます。

また、口の中で溶かして粘膜から吸収させる薬があることからも、
粘膜からの吸収があり得ると納得します。
では、無条件に経皮毒は避けなければならないのでしょうか?

経費毒は学術用語ではなく、根拠のない用語

経皮毒は、健康を謳う商品の説明にしか使われていない用語です。
企業は、毒性のある商品を販売するとその商品が売れないだけでなく、
訴訟を起こされ、会社の存続が危うくなります。

そのため、商品の販売前には十分なテストを行っています。
つまり、科学的な方法で学術的な検討を加えて、毒性を検証し、
皮膚から吸収されても安全な量を定めるなどしています。

本当に経皮毒が身体に悪いなら、学術的な用語として使用されて
いなければならないことになります。

なぜなら、経皮毒があるから使用しない方が良いというほどであれば、
そのような商品を販売している会社は上記に述べたように、
最悪は倒産する可能性があるからです。

経費毒が怪しい用語であることは、経済産業省が平成20年2月に
『経皮毒という用語を用い不安を煽り、自社商品の購入を行わないように
業務停止命令を出した』という事実で根拠がないことが分かります。

経皮毒など心配無用の本当に安全性の高いシャンプーとは

あなたが、シャンプーに何を求めているかで適切なシャンプーが決まります。
シャンプーを選ぶポイントとして安全性を最重点に置くなら、
合成化学物質無添加、または無添加に限りなく近いシャンプーがお勧めです。

例えば、未だ確定した原因が不明のアトピーや
子供が小さいから誤飲してもできるだけ安全であるようなシャンプーを
望む場合に天然由来の成分でできているシャンプーが安全です。

商品に含まれる合成化学物質には、毒性が少なからずあります。
しかし、身体に安全とされる量の更に数百倍、数千倍少ない量しか
使用されていません。

但し、アレルギー物質が多くの人には何の問題がなくても、
特定の人には微量でもアレルギーを引き起こしています。

従って、超微量でも合成化学物質が複数組み合わさると
特定の人に悪影響を与える可能性は完全には否定できません。
この心配がないのが、天然由来の成分配合のシャンプーが良い理由です。

コメントを残す