全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーが目に入ったら視力に影響はあるの?

目に入ったらシャンプーが、目に入ったら目が酷く充血します。
子どもにとって、どのような悪影響があるのか、
シャンプーが目に入ることで、視力低下が起きないかと
心配ですが大丈夫でしょうか?

確かに、目にシャンプーが入ると強い痛みが発生し、思わず目を強く擦り、
その結果、目を傷つけると、最悪は、視力に影響がでないとも限りません。
シャンプーが目に入った時の正しい処置法を解説するので覚えて下さい。

目にシャンプーが入ったら痛む理由と視力との関係

異物や刺激物が目に入ったら痛むのは、大人は経験上からも分かりますが、
目に異物などが入った経験の少ない子どもは、シャンプーを使うときなどに
無防備に目を開けて、シャンプーが目に入ってしまうこと少なくありません。

シャンプーが目に入ると、痛むのは炎症を起こさせる刺激性のある洗浄成分が
シャンプーに配合されているからです。

そして、加えて目は、皮膚や粘膜とは比較にならないほど刺激に弱いので、
強い痛みと、充血が起こるのです。
でも、シャンプーそのものでは、視力低下は起こりません。

視力が悪くなるのは、目の筋肉の働きでレンズの役割を果たす水晶体が
厚くなったり少なったりする機能が弱くなるからです。
シャンプーの成分は、目の筋肉までは悪くしないので視力は悪くなりません。

シャンプーが目に入ったときの洗浄方法及び注意点

目にシャンプーが入ったら、水で目をできるだけ早く洗うことが
もっとも良い処置方法です。

シャワーを使って洗い流す場合は、顔を下にして、シャワーを上向きにして
弱い水流で、開けた目に水をあて洗い流します。
目が明けにくい時は、シャンプーが入った目を指で大きく開けて流します。

シャワーを使わないで洗い流す場合は、水道の蛇口の前で顔を下にして、
少しづつ水を流しながら手のひらにためて、そこに目をつけて、
水中で繰り返しまばたきをしながら液が入った目を洗い流します。

小さい子どもの場合は、上記の方法が出来ないので、
両親、または保護者が子どもを仰向けに寝かせて、
まぶたを開けて目を水で洗い流します。

尚、子どもが痛がって、目をこすったり、水で目を洗い流すことが
困難な場合は、眼科医で受診すること大切です。

注意点としては、目薬や洗眼液では充分な洗浄が出来ないので、
流水で洗い流すのがベストです。
まぶたや顔にシャンプーが残っている場合は、目を洗う前に洗い流します。

また、コンタクトをしている場合、無理にはずさず、まず洗い流します。
その後、外せたら外して、もう一度洗い流します。
無理な場合は、すぐに眼科医を受診しましょう。

小さな子どもには目にしみない低刺激シャンプーを使いましょう

刺激の強い成分が目に入って、痛いのであれば刺激の少ない成分であれば、
目に入っても痛まないのではと思いませんか?

乳幼児の場合は、シャンプーをするときに目をうまく閉じられないので、
目にシャンプーが入ってしまいます。
乳幼児用には目に入っても痛くない低刺激シャンプーが販売されていますよ。

コメントを残す