全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

子どもがシャンプーを飲んだら、どうしたら良いのですか?

シャンプーを飲んだ丁度、子どもが近くにあるものを何でも口へ運ぶ時期で
目が離せなくて困っています。
乳幼児がシャンプーやタバコなどを誤飲するニュースを
聞くと心配で、誤飲したときの対処法を教えて下さい。

乳幼児の死亡原因の1位は、意外なことに病気ではなく
不慮の事故なので心配は良く分かります。
シャンプーを始めとして誤飲したときの対処法は
誤飲したもので違うので良く覚えておく必要あるから
ここで詳しく説明しておくね。

シャンプーを飲んだなど乳幼児の誤飲事故は意外に多い

乳幼児の両親が誤飲に注意を払うことはとっても良いことです。
東京都が2010年に調査した結果によると、誤飲と誤飲の未遂事故を含めると
何と乳幼児の8割にのぼったというデータがあります。

年齢別では、厚生労働省が行った調査によると、
誤飲事故件数に占める生後6~8ケ月の割合は61%と最も多くなっています。
次が12~17ケ月の幼児で26%で、6~17ケ月で大部分の約9割となります。

別の調査でも生後半年から2歳までが誤飲事故が多いと報告されています。
この時期は、目を離さないように、また手の届く場所に誤飲するようなものを
置かないように最大限の注意を払う必要があります。

シャンプーを誤飲したときの対処法

あなたが心配しているシャンプーを誤飲したときの対処法は
以下の方法となります。

まず、誤飲したシャンプーの種類と難しいかもしれませんが、
量の確認を行います。

誤飲したシャンプーが普通の種類で、体重10キロ当たり5ml以下であれば
牛乳か卵白、なければ水を飲ませ、吐かせないで至急、医師へ連れて行きます。

もし、誤飲したシャンプーがふけ取りなどの薬用シャンプーであれば、
誤飲した量が、体重10キロ当たり3ml以下であれば、
普通のシャンプーと同じ対応を行います。

大量、または量が不明であれば、急ぎ医師へ連れて行きます。
誤飲すると思わず背中を叩いたり、口に手を入れて吐かせたくなりますが、
吐いた物が気管に入ると、もっと危険なことになるので行いません。

乳幼児の誤飲しやすいモノとは?

東京都の主婦に対する調査による誤飲した品物の上位5位のランキングは、
1位:新聞紙などの紙類、2位:シール、3位:シャボン玉液、4位:医薬品、
5位:タバコの順です。

一方、国民生活センターの病院、各地の消費者センターへの調査によると、
1位:タバコ、2位:医薬品、3位:ビー玉・おはじき等の玩具、4位:コイン、
5位:石けんとなっています。

この違いは、申告な事態にまで至らない件数を含むと東京都のデータとなり、
病院で治療を受ける深刻な事態になるのは、国民生活センターのデータと
考えよいでしょう。

東京都の上位のモノに広く注意を払い、国民生活センターの上位のモノには、
特に正しい対処法の知識を身に付け、誤飲に対応するように心がけることで
大切な子どもを守ることができます。

コメントを残す