全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーには、癌の原因になる物質は入っていますか?

癌現在、様々な種類のシャンプーが発売されています。
その成分には、どんなものが配合されているのでしょう?
癌の原因になる物質は入っているんでしょうか?

市販されているシャンプーの中には
癌を促進する成分が配合されているものもあるんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

癌ができる仕組み。

癌ができる仕組みは、
どのようなものなんでしょうか。

癌ができる仕組みは、
次の二段階に分かれています。

イニシエーション作用と
プロモーション作用という段階に
分かれているんです。

イニシエーション作用

イニシエーターという物質が作用しています。

通常、人の体内では、30秒に1個の速さで
がん細胞が作られているとも言われています。

イニシエーターという物質はDNAに傷をつける物質で、
発がん物質と呼ばれるものです。
細胞の核の内部のDNAに作用して癌遺伝子を作ります。

プロモーション作用

プロモーターという物質が作用します。

通常、体内の免疫細胞が癌化する細胞を
食べてしまっているため、
がん細胞は発生しないようになっています。

しかし、このプロモーターという物質は
この免疫細胞の働きを低下させて、
さらにDNAを異化させる働きがあります。

このプロモーターは細胞に長期間作用して、
癌を促進させていくんです。
すると細胞が癌化し始めます。

これが癌細胞の誕生です。
この癌細胞が分裂して、
増殖していくのです。

癌の原因になる物質はどんなもの?

発がん物質であるイニシエーターには、
タバコの煙、紫外線、ウイルスなどがあります。

癌化を促進する物質であるプロモーターには、
シャンプーに使われている界面活性剤があります。

癌を防ぐためにも、正しいシャンプーを選びましょう。

界面活性剤の中には、
たんぱく質変性成分が入っているものがあります。
これはプロモーターとして作用する場合があるんです。

たんぱく質変性成分は内臓障害を起こす可能性があります。
すると、体内の酵素の働きを妨げてしまいます。

酵素の働きが妨げられると、
体内の免疫力は低下してしまいます。
すると、自然治癒力が衰えていきます。

また、たんぱく質変性成分が
細胞の異化に影響を与える恐れもあります。

たんぱく質変性成分の入った界面活性剤には、
ラウリル硫酸ナトリウムなどがあるようです。


市販されているシャンプーの中には
癌を促進する物質が入っているものもありました。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す