全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

白髪を染めるタイプのシャンプーは、染まりますか?髪や地肌によいのですか?

染め最近よく売られている白髪を染めるシャンプーは、
髪や地肌へはどんな影響がありますか?
また、しっかりと髪を染めることはできるのですか?

白髪を染めるシャンプーは、ヘアカラーなどと比べると、染まりにくいです。
その分、ヘアカラーよりもずっと刺激が弱くなります。
白髪を染めるシャンプーのメリットやデメリット、
その効果について、お話ししますね。

白髪を染めるシャンプーとは、どんなもの?

白髪を染めるシャンプーがたくさん売られています。

白髪染めが基本なので、
黒髪へのカラーリングには向きません。

色も黒やブラウンのものが多いです。

シャンプーとトリートメントが
セットになっているものと、
トリートメントだけのものがあります。

刺激の少ないカラーリング成分や
天然の植物色素を白髪に吸着させるものが多いです。

使い続けていくうちに徐々に染まるタイプが多く、
使用をやめると、色が段々と抜けていきます。

シャンプータイプよりも、
トリートメントタイプのものの方が
早く色が付くようです。

価格は2,000円台から3,000円台のものが主流です。

白髪を染めるシャンプーのメリットとデメリット

白髪を染めるシャンプーのメリット

カラーリングとは違って、
素手でできる、安全な点が人気です。

キューティクルを傷めない染まり方で
刺激が少なく、
肌の弱い方にも好まれています。

お風呂で、洗髪しただけでできる
簡単なところも良いですね。

髪や頭皮に優しい製品が多く、
髪や頭皮を保護する成分が入っている
点も安心です。

また、徐々に染まっていくので、
いつの間にか白髪が目立たなくなる
自然な感じが、特に男性に好評です。

白髪を染めるシャンプーのデメリット

デメリットはやはり、
染まるのに時間がかかる点ですね。

1週間以上の時間をかけて
段々に色を入れていくので、
効果を感じにくいかもしれません。

また、髪質によっては
染まりにくい場合もあるようです。

毎日使い続けなくては効果が出ないので、
コスパが悪いと感じる人もいるようです。

白髪を染めるシャンプーの種類

シャンプータイプの白髪染めシャンプー

・黒耀シャンプー・ヘアパック (セットで 6,615円)

・ボタニヘアカラーシャンプー・トリートメント
(各2,100円 セット3,980円3色)

・螺髪シャンプー・ヘアパック (各 2,625円)

・ヘナリーフシャンプー・コンディショナー (2,415円2色)

シャンプータイプのものは、
放置時間がいらないのでよりお手軽です。

トリートメントタイプの白髪染めシャンプー

・レフィーネ トリートメントカラー (3,500円 4色)

・オリエンタルビューティ トリートメント (セットで3,880円シャンプー有)

・利尻ヘアカラートリートメント (3,150円)

・エフキュアカラートリートメント (3,360円2色)

トリートメントタイプのものは
ヘアカラーのように、放置時間が必要です。

白髪を染めるシャンプーは、染まるまでに時間がかかります。染まり具合には
個人差もあるようです。ヘアカラーに比べて刺激が少なく、髪や地肌を
傷めません。あなたに合う、シャンプーに出会えるといいですね。

コメントを残す