全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーに使われている界面活性剤とはどんなものですか?

界面活性剤
毎日、髪を洗うときにシャンプーを使っています。
その中で、界面活性剤という言葉を
耳にしたことはありませんか?
これはどんなものなんでしょうか?

界面活性剤とは、2つの異なった物質を混ぜ合わせるものです。
言わば、つなぎ役になるんですね。
界面活性剤にも色々な種類のものがあるんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

界面活性剤とはどんなものですか?

界面活性剤とは分子の中に水になじみやすい部分と、
油になじみやすい部分を持っている物質です。

2つの異なった物質を混ぜ合わせるものです。
言わば、2つの物質のつなぎ役になるんです。

例えば水と油。これらは混ぜり合わないものです。
しかし界面活性剤を使用すると、混ざり合うんです。

界面活性剤の働き。

界面活性剤は洗濯用の洗剤にも使われています。

例えば、汚れのついた洗濯物を界面活性剤の液の中に浸します。
すると界面活性剤の液が洗濯物に染み込んでいきます。

そして、洗濯物と汚れの間に界面活性剤が入り込みます。
その後、洗濯物をもみ洗いしていくと、
汚れが洗濯物から引き剥がされます。

引き剥がされた汚れは、乳化分散作用により、
界面活性剤の液の中に留まります。
再び洗濯物に付いたりはしません。

このようにして界面活性剤は
洗濯物から汚れを落としていたんです。

つまり汚れを洗濯物から、
界面活性剤の液の中に追いやって、きれいにするんですね。

シャンプーでの界面活性剤の働き。

シャンプーの場合は地肌についている汚れを、
シャンプーの泡で包み込んで、泡の中に閉じ込めます。
そして水で洗い流すんです。

シャンプーに使われている界面活性剤

シャンプーに使われている界面活性剤は大きく分けると
次の3つがあります。

ラウリル系、ラウレス系
アミノ酸系
石けん系

この3つにはそれぞれ良いところと、悪いところがあるんです。

界面活性剤の良いところと悪いところ。

○ラウリル系、ラウレス系
高級アルコール系シャンプーに使われています。
石油を原料としている場合があります。

良い点は価格が安くて、手に入りやすいというところです。
しかし、頭皮への刺激が強すぎる上に、
人体に悪影響がある場合もあります。

○アミノ酸系
アミノ酸系シャンプーに使われています。
ヤシ油から作られているものが多いようです。

頭皮に優しく、傷んだ髪の補修も行ってくれます。
しかし、価格は若干高い部分があります。

○石けん系
石けん系シャンプーに使われています。
脂肪酸ナトリウムなどを成分にしている場合が多いようです。

良い点は頭皮には刺激が優しく、洗浄力は強力なところです。
しかし、アルカリ性のシャンプーのため、
洗い上がりは髪がごわごわすることもあります。

自分に合ったシャンプーを選びましょう。

界面活性剤は体に悪いというイメージがあります。
しかし、界面活性剤自体が体に悪いのではなく、
どんな界面活性剤を選ぶか、が大事なんですね。


界面活性剤は2つの物質を混ぜ合わせるものでした。
界面活性剤には様々な種類のものがありました。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す