全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

無添加のシャンプーは本当に髪にいいのですか?

無添加
無添加と書かれているシャンプーが多くあります。
全ての無添加のシャンプーは、
本当に髪に良いのでしょうか。

無添加と書かれているシャンプーにも、
いろいろなものが入っています。
「無添加」と表示されているのはどんなシャンプーで、
選ぶときにはどんなことに気をつけたらよいのかをお話します。

無添加のシャンプーって、どういうシャンプー?

厳密には決められていない無添加の定義

「無添加」と聞くと、
髪に悪いものが入っていない
という感じがしますよね。

でも、実は「無添加」と名乗るのに必要な定義は、
薬事法で決められていません。

ちょっと驚きです。

化粧品公正取引協議会では、
「○○無添加」というように、
無添加にしている成分を書くようになっています。

でも、協議会に入っていない会社については
強制力がないため、それぞれの基準で
「無添加」としている製品もあるんです。

だから、無添加と言っても、入っている成分はまちまちで、
選ぶときに混乱するんですね。

無添加のシャンプーに多い定義は

「無添加」とは、
「加えられていない」という意味です。

大切なのは、
『何が』加えられていないのかです。

私たちが気にしなければいけないのは、
この、『何が』という部分ですね。

多くの無添加シャンプーで
「無添加」と記載されている成分をあげてみます。

・バラベン(防腐剤)、シリコン、
・旧指定成分(2001年以前に厚生省が指定した、毒性が確認された成分)、
・合成香料、合成着色料

などがあります。

つまり、これ以外のものは
入っているということなのです。

無添加、という言葉に惑わされずに、
『何が』無添加で、『何が』入っているのか
それを確かめてシャンプーを選びたいですね。

髪に良い無添加のシャンプーって、どんなシャンプー?

無添加のシャンプーにも
いろいろあることがわかりました。

無添加とは言っても、
悪いと思われるもの全て
無添加なのではありません。

では、どんな無添加のシャンプーが
髪に良い思いますか?

シャボン玉石けん、ミヨシ石けんでは、
石けん以外は入っていないそうです。
わかりやすいですね。

旧表示成分無添加と言うメーカーも多いですが、
旧表示成分でなくても、
似た作用をする合成成分は多くあります。

それは、内容的には、
旧表示成分と変わらないものになります。

無添加、という言葉だけにとらわれずに、
シャンプーを選ぶように、注意してください。

無添加のシャンプーにもいろいろあります。
無添加という言葉だけにとらわれず、
成分を確かめてシャンプーを選んでくださいね。

コメントを残す