全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの中の悪い成分とは、どんなものですか?

悪い現在、様々なシャンプーが発売されています。
そのシャンプーの中に含まれている悪い成分とは、
どんな成分なんでしょうか?

シャンプーの中の悪い成分とは
頭皮に悪い影響を与える物質のことなんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

悪い成分とは、どんなものですか?

シャンプーとは頭皮を健康で清潔な状態に保つものです。
そのため、頭皮に対して害がある成分は
悪い成分だと言えます。

市販されているシャンプーの大部分は
高級アルコール系シャンプーです。

この洗浄成分は、石油や植物の油脂に
濃硫酸を加えて作られたものです。

安価で泡立ちが良く、
洗浄力が高いものです。

しかし、この洗浄成分であるラルリル硫酸ナトリウムには
脱脂力が強い成分と、たんぱく質変性成分が
入っている場合があるんです。

悪い成分の働き。

脱脂力が強い成分

シャンプーの界面活性剤は
親油基と親水基の二つの部分からできています。

親水基は水と結びつく部分、
親油基は脂と結びつく部分です。

高級アルコールシャンプーの高級とは、
成分の中に炭素が多いという意味です。
炭素が多い場合、親油基が強くなります。

すると、油と結びつく力が強くなってしまうんです。
その結果、頭皮にある脂を
根こそぎ奪っていくことがあるんです。

頭皮の脂は多すぎても、
少なすぎてもいけないんです。

頭皮の脂がなくなった場合、
頭皮は乾燥します。

もしくは、さらに脂を出そうとして
頭皮に過剰に分泌されてしまうことがあります。

すると、大量のフケの発生の原因にもなります。
髪の毛にも悪い影響を与えます。

たんぱく質変性成分

私たちの皮膚の大部分は
たんぱく質で作られています。

たんぱく質はアミノ酸と、
アミノ酸が結合して活動しています。

たんぱく質の変性を引き起こす成分は
このアミノ酸とアミノ酸の結合を
断ち切ってしまうんです。

すると、たんぱく質の構造は崩れて、
活動できなくなるんです。

すると頭皮の肌荒れ、
湿疹、かゆみなどを引き起こします。

頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

泡立ちが良く、洗浄力が高いシャンプーが
良いシャンプーではありませんでした。

良いシャンプーを選ぶためには、
自分でシャンプーを分析してみることも大切です。

シャンプー解析サイトなどでは、
簡単にシャンプーの成分と効果を知ることができます。


市販されているシャンプーの中には
頭皮に悪い成分も入っていました。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す