全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーにはどんな成分が使われていますか

成分現在、様々な種類のシャンプーが発売されています。
シャンプーに使われている成分も様々です。
では、どんな成分が使われているのでしょうか。

シャンプーの成分は大きく分けると、
水と界面活性剤になります。
この界面活性剤には、様々種類があるんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

界面活性剤とは何ですか?

シャンプーの容器には、
含まれている成分が表記してあります。

成分は、そのシャンプーに含まれている量が多いものから、
表記されるようになっています。

中でも界面活性剤。
これはシャンプーの主な成分になっています。

これは簡単に言うと、
混じりあわない2つの物質を、
混じり合わせる物質のことなんです。

合成界面活性剤には次のものがあります。
・石油系界面活性剤
・アミノ酸系活性剤

この2つはどういうものなんでしょうか?
それを詳しく説明しますね。

石油系界面活性剤

この石油系界面活性剤を使ったシャンプーは、
高級アルコール系シャンプーとも呼ばれます。

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなどの、
物質が含まれています。
石油を原料にして作られています。

メリットとしては、安価で、
手に入りやすいというところです。

そのため、市場に広く出回っているシャンプーは
この石油系界面活性剤が使用されています。

デメリットとしては、洗浄力が強すぎるといった点です。
そのため頭皮の汚れだけではなく、
必要な栄養分までも洗い流してしまうことがあります。

アミノ酸系界面活性剤

このアミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーは
アミノ酸系シャンプーと呼ばれます。
ベタイン・ココイルといった成分が含まれています。

メリットとしては洗浄力が優しいという点です。
頭皮の汚れはきちんと落として、
頭皮に必要な栄養はちゃんと残してくれます。

さらにこのアミノ酸シャンプーに使われているアミノ酸。
私たちの髪もアミノ酸で合成された、
たんぱく質でできています。

つまり、髪を洗っている最中に、
シャンプーのアミノ酸が髪に引っ付いて、
傷んだ髪を補修する効果があるのです。

デメリットとしては広く市販されているシャンプーよりも、
値段が高いということでしょうか。

また、手に入りづらいという点もあります。
店舗などで売られている場合が少ないので、
通販やネット販売を利用して購入する必要があります。

あなたに合ったシャンプー

石油系界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤
どちらにも良い点と悪い点があります。

必要なのは正しい知識を身につけて
あなたに合ったシャンプーを
選ぶということだと思います。

あなたが良いシャンプーに出会えることを
心より願っています。


シャンプーに使われている成分には
石油系界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤などがあり、
どちらにも良い点と悪い点がありました。

コメントを残す