全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの中のシリコンという成分はどんなものですか?

シリコン 成分シャンプーの中の成分にシリコンが入っていると、
最近、宣伝などでよく聞きますね。
では、このシリコンとはどんなものなんでしょうか。

実はシリコンは髪をさらさらしたものにしてくれます。
しかし、良い点ばかりではなくて、注意する点もあるんですよ。
そのあたりを詳しく説明しますね。

シリコンとはどんなものですか?

シリコンとは化学反応によって作られる物質です。

たとえば、シャンプーの成分の表示にジメチコン、シクロメチコン、
アモジメチコン、シリカ、シロキなどが入っていたら、
シリコン入りのシャンプーです。

通常、私たちの髪の表面は、キューティクルという、
アミノ酸がカバーしてくれています。

そして、このキューティクルが、
紫外線や熱から、私たちの、
髪の毛を守ってくれているんです。

シリコンの成分は、そのキューティクルにくっついて、
髪の毛をさらにコーティングしてくれます。
すると手触りはさらさらしたものになります。

シリコンの注意するところ。

シリコンの成分のおかげで、見かけの髪は、
とてもきれいで健康的に見えます。

しかし、シリコンは、あくまで表面を、
コーティングするだけです。
髪の内部の補修は行われません。

また、シリコンの成分は髪の内部にまで、
水分を補給する効果がありません。

すると、少しずつ気づかないうちに、
髪の内部のダメージが進行してしまう場合も、
少なからずあります。

さらに髪の表面をコーティングしてしまうことで、
髪が呼吸できなくなってしまいます。

また、頭皮の表面でかたまり、
頭皮の毛穴を詰まらせる原因にもなります。

さらに外部からの水分もはじきます。
そのため髪に潤いが吸収されにくくなります。
すると髪がカサカサになってしまうこともあるんです。

ではなぜ、このような多くのシリコン入りシャンプーが、
市場に出回っているのでしょうか。

それは安価に製造できて、
髪の外見の効果がすぐに出ることから、
広まっていったわけですね。

シリコンの成分が入っていないシャンプー

では、シリコの成分の入っていない、
ノンシリコンシャンプーを使えばいいのでしょうか。

一般的に言われている、高級アルコール系シャンプーは、
例えシリコンが入っていなくても、硫酸などの成分が、
入っている場合があるので、注意が必要です。

ですから、いくらノンシリコンといっても、
それだけでは、成分の情報は不十分です。

ノンシリコンで、さらに天然成分のものを使うと安心です。
特に、アミノ酸系シャンプーのノンシリコンは効果的ですね。

しかし天然成分のシャンプーで、
防腐剤が入っていないとなると、
常温での保管が難しい場合もあります。

中には、冷蔵庫に保管する必要のある商品もあります。
品質は良いのですが、当然ながら、
値段も少し高くなってきます。

シリコン・ノンシリコンとも、
それぞれ、長所・短所を持っていますので、
あなた自身の頭皮や髪質をよく理解してから選ぶ必要があります。

また、シリコン・ノンシリコンについても、
それぞれの特徴をよく知ってから、
自分に合ったシャンプーを使うことが大事ですね。

あなたが良いシャンプーに出会えることを願っています。


シャンプーに入っているシリコンという成分は
髪をコーティングしてくれますが、悪い面もあったんですね。
自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切ですね。

コメントを残す