全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーでゴシゴシとこすっていけないのは、どうしてですか?

ゴシゴシ
きれいに洗おうとと思うと、ついついシャンプーで
ゴシゴシとこすってしまいますね。
でも、ゴシゴシとこするのは良くないといいます。
それは、どうしてなのでしょう。

ゴシゴシと力を入れてこすって洗うと、
頭皮や髪を傷つけてしまいます。
髪や頭皮ににとって「百害あって一利なし」です。
髪や頭皮にとって良い、正しい洗い方について考えます。

シャンプーでゴシゴシとこすって洗うデメリット

髪をゴシゴシとこすって洗っていけない理由

髪をゴシゴシとこすって洗っていると、
髪の毛が傷んでしまいます。

髪を守るキューティクルがはがれ、
枝毛や切れ毛の原因になります。

また、髪のハリや艶をなくしてしまいます。

シャンプーをする時には、
決して髪をゴシゴシとこすってはいけません。

髪の毛は、頭皮を丁寧に洗っているだけで、
髪全体に広がった泡が、髪の汚れを落としてくれます。

わざわざ髪をこすって洗う必要はないのです。

髪にはダメージを与えないように洗ってくださいね。

頭皮をゴシゴシと洗っていけない理由

頭皮も、ゴシゴシとこすって洗ってはいけません。

皮脂の分泌が多く、脂性肌の人の中には、
ついつい、ゴシゴシと強く洗ってしまう、
という人がいます。

でも、ゴシゴシと洗うことは
頭皮を傷め、傷つけるだけで、
決して頭皮の汚れを落とすためには良くありません。

頭皮を傷め、皮脂を落としすぎることが
かえって皮脂の分泌を増やしている場合があるのです。

適度な皮脂を残す方が、
皮脂の分泌を正常に戻すこともあります。

また、ゴシゴシと洗うことで、
生えて来たばかりの髪を傷めることがあります。

抜け毛や薄毛の原因にもなりますので、
くれぐれもゴシゴシと洗わないでください。

ゴシゴシとこすらない、正しいシャンプーのしかた

顔を洗う時も、歯を磨く時も、
専門家は、「力を入れすぎないで」といいます。

頭皮も顔を洗うのと同じで、
力ではなく、泡であらうことが大切です。

しっかりと泡立て、泡の力で
汚れや余分な皮脂だけを泡に溶かし出すように
洗うことがポイントです。

髪は下に向かって生えているので、
頭皮を洗う時は、下から上に向かって洗うと
毛穴の汚れが落ちやすいそうです。

空気を含ませるように、
指の腹で優しくマッサージすると良いそうです。

適度な刺激は、頭皮の血行を促進し、
新陳代謝を正常にしてくれます。

シャンプーは、刺激が強いものよりも、
刺激の少ないシャンプーを使った方が良いそうです。

上手なシャンプーができるように、
がんばりたいですね。


シャンプーをゴシゴシとこすると、頭皮や髪を傷めます。
シャンプーは頭皮の汚れと余分な皮脂だけを落とすよう、
刺激の少ないシャンプーで、優しく、丁寧に、泡で洗うと良いそうです。

コメントを残す