全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの2度洗いは、しない方が良いんですか?

2度洗いシャンプーをする時に、2度洗いをする人がいます。
1度洗いでは、汚れ落ちが悪いのでしょうか。
2度洗いをした方がいいのでしょうか。

刺激の強い、高級アルコール系のシャンプーを使っている場合には、
2度洗いは洗いすぎです。
でも、2度洗いをしても良い場合もあります。
どんな場合に2度洗いが良いのか、くわしくお話しますね。

市販のシャンプーを使っているなら、2度洗いは不用

ドラッグストア、スーパー、量販店などで売られていて、
テレビCMで流れるようなシャンプーを使っている場合には、
シャンプーは1度で十分です。

手に入れやすい価格で、大量に作られている
大手のシャンプーの多くは、
洗浄成分に、刺激の強い高級アルコール系の成分を使っています。

高級アルコール系の成分とは、
成分表示に「ラウリル硫酸○○」「ラウレス硫酸○○」
と書かれているものです。

量販店で手に取ってみると、
大抵のシャンプーに入っているはずです。

入っていないのは、石鹸系のシャンプーくらいだと思います。

高級アルコール系の成分は、泡立ちが良いのですが、
脱脂力が強く、皮膚や髪の毛への刺激が強いので、
2度洗いはしない方が良いと思います。

製品によっては2度洗いを
すすめているものもあるかもしれませんが、
泡立ちがよいので、1度で洗い上げることができるはずです。

どうしてもシャンプーで2度洗いしたい場合

整髪料をつけている場合

ただ、整髪料をたっぷり使っている時には
2度洗いをしたくなるかもしれません。

べったりとした油性の整髪料でしたら、
やはり、1度シャンプーで整髪料を落として、
2度目に丁寧に洗髪した方が良いかもしれませんね。

でも、今では整髪料も
水溶性のものがほとんどですので、
丁寧にシャワーで洗い流せば大抵の整髪料は落とせます。

その後で1度だけシャンプーしても、
十分に汚れは落とせるはずです。

皮脂の分泌が多い、若い男性の場合

2度洗いをしたがるのが、
頭皮の皮脂分泌が多いと思っている人です。

特に、若い男性は、皮脂の分泌が多くなりやすいので、
2度洗いしている人がいるかもしれません。

皮脂の分泌が多くなる原因には、

1,男性ホルモン。男性ホルモンは皮脂の分泌を促します。
2,食生活の偏り。高カロリー、高脂質、高コレステロールな食事。
3,ストレス。自律神経の乱れを引き起こします。

の他に、4つ目の原因が、
「シャンプーの刺激」だといわれます。

つまり、皮脂を落とそうとして、
強く洗浄することで、反対に、
皮脂の分泌を増やしてしまっている場合があるのです。

常にたくさんの皮脂が落とされるので、
頭皮は反対に、肌を守ろうとして
余分な皮脂を分泌するのだそうです。

心当たりはありませんか?

いくら洗っても、皮脂の分泌が多すぎて、
頭皮ニキビや湿疹などのトラブルがある場合には、
刺激の穏やかなアミノ酸系シャンプーを使ってみてはどうでしょうか。

刺激が弱いシャンプーを使っているうちに、
だんだんに頭皮の皮脂分泌が正常に戻ってくるはずです。

2度洗いしても良いシャンプー

今までお話ししたのは、手に入りやすく
刺激の強い「高級アルコールシャンプー」を
使っている場合です。

洗浄力が穏やかな、アミノ酸シャンプーの場合には、
それほど心配はいりません。

アミノ酸シャンプーの洗浄成分はたくさんあります。

ココイルグルタミン酸、ラウロイヤルグルタミン酸、
コミカドPV、ココアンホ酢酸、などは
アミノ酸系の洗浄成分です。

ただ、アミノ酸シャンプーといいながら、
高級アルコール系の洗浄成分が加えられているものも
中にはありますので、気をつけてくださいね。

刺激の強い高級アルコールシャンプーなら2度洗いで十分です。
皮脂が多い人には刺激の少ないアミノ酸シャンプーをおすすめします。
あなたにとって、良いシャンプーが見つかると良いですね。

コメントを残す