全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの回数は、何回くらいが効果的ですか?

回数
あなたは、毎日シャンプーをしていませんか。
さて、シャンプーの回数が多いと、
頭皮はどうなるのでしょうか。

実は、シャンプーの回数が多すぎると、
頭皮に悪い影響が出るんです。

では、効果的なシャンプーの回数は
どのぐらいなんでしょうか?
そのあたりを詳しく説明しますね。

シャンプーの回数が多い場合、どうなりますか?

シャンプーをする回数は、
多すぎても少なすぎてもいけません。

あなたは、ご存じでしょうか?
実は、シャンプーの目的は、頭皮
清潔な状態にすることなんです。

現在、市販されているシャンプーの
成分表をみてみると、ほとんどの種類には、
脱脂力が強力な洗剤成分が入ってます。

そのようなシャンプーを使って、
洗髪する回数が多い場合、頭皮の脂分
根こそぎ洗い落とされてしまいます。

そして、頭皮の脂分がなくなった場合、
元の状態に戻るには24時間必要になります。

つまり、シャンプーをした後、
24時間経たずにシャンプーすると、
頭皮の脂は再び洗い落とされてしまいます。

この状況は、いつも頭皮が清潔になっていて、
頭皮や髪にとって良い事のような気がします。
しかし、それは大きな間違いなんです。

頭皮の脂がなくなった場合

頭皮の脂分がなくなった場合、
頭皮は、それを補うために、
脂を分泌しようとします。

すると頭皮に過剰に脂が
分泌されてしまう場合があります。

そして、過剰に分泌された脂分で、
毛穴を皮脂がふさいでしまい、
髪に悪い影響を与えます。

また、頭皮の脂が
根こそぎ洗い落とされた場合、
頭皮は乾燥してしまいます。

一般的に、健康な頭皮には30%の
水分が含まれています。

その中で頭皮の角質層には
15%~20%の水分が含まれています。

そして、頭皮の角質層が20%程度
水分を保持している場合は、
潤いのある状態の頭皮だと言えます。

頭皮の水分が10%以下になると、
乾燥した状態の頭皮になります。

頭皮の脂がなくなった場合のトラブル

頭皮の角質層には、角質細胞が
レンガのように並んでいます。

そして、それらの細胞を接着しているのが
細胞間脂質です。

また、角質層の表面を
覆っているのが皮脂膜です。
皮脂膜は、頭皮内部の水分の蒸発を防ぎます。

しかし、この皮脂膜がシャンプーなどで
根こそぎ洗い落とされた場合、
頭皮は乾燥していきます。

すると、細胞間脂質も減少していきます。

そして、角質細胞と角質細胞のつながりを
維持することができずに、
角質細胞は剥がれ落ちていきます。

これが「フケ」と呼ばれるものです。
このフケが頭皮の毛穴に詰まった場合、
髪に悪い影響を与えます。

一般的に、健康な頭皮には、
適度な脂分と水分が必要なのです。

シャンプーの効果的な回数

夜、寝ている間に髪は成長しますので、
寝る前には、頭皮を清潔にしておく
必要があります。

そのため、シャンプーは1日1回、
に行うのがベストです。

ただ、先に説明したように、
頭皮の乾燥のせいで、
フケが出るような場合には、

2日に1回などというように、
回数を減らしてみることも必要です。

シャンプーは1日1回、夜に行うのを、
基本にしておきましょう。

あとは頭皮や髪の状況を見ながら、
さらに回数を減らすなどの方法も、
検討してみるのが良いです。

回数より、もみだし洗いで、頭皮のケア

しかし、頭皮の状態が、
すでに悪くなってしまった場合など、
何らかの対処が必要です。

まず、頭皮の状態が悪化した場合には、
シャンプーの回数を増やすのは、
悪影響となる場合が多いです。

そのような場合には、
シャンプーを刺激の少ないものに変えたり、
シャンプーの方法を変えるのが効果的です。

シャンプーの方法の一つに、
もみだし洗いというものがあります。

まずは、
温かいお湯で頭皮を洗い流しましょう。
これは、頭皮の毛穴を開くためです。

そして、シャンプーを手にとって、
泡立てて頭皮につけていきましょう。

そして、両手の指の腹を使って、
頭皮をもむようにして洗います。

すると、頭皮の毛穴から、
脂栓や角栓物質が出てきます。

そして、最後に、頭皮に残らないように、
丁寧にすすぎましょう。

出来るだけ丁寧にすすぐのが、
コツです。

また、シャンプーを変えるのであれば、
少し高価ですが、アミノ酸系のシャンプーを
おすすめします。


シャンプーの回数が多い場合、
頭皮に悪い影響を与える場合があります。
効果的な回数で、シャンプーをして下さいね。

コメントを残す