全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

合成シャンプーと、石けんシャンプーはどう違いますか?

合成シャンプーは大きく分けると、
合成シャンプーと石けんシャンプーに分けられます。
この2つには、どんな違いがあるのでしょうか?

合成シャンプーと石けんシャンプーは
その成分、効果、市場での規模の大きさなどが違うんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

合成シャンプーと石けんシャンプーの界面活性剤。

シャンプーの洗浄剤として
使われているのが界面活性剤です。
これは水と油を混ぜ合わせるものです。

合成シャンプーの場合

洗浄成分に合成界面活性剤を使用しているんです。

この原料には石油、アミノ酸、植物油、
糖質、アルコール、天然成分などがあります。

合成シャンプーには、
高級アルコール系シャンプーと
アミノ酸系シャンプーがあります。

合成シャンプーの高級アルコール系シャンプーの場合、
植物油や石油に濃硫酸を加えて作られたものが多いようです。
ラウリル硫酸ナトリウムなどがあります。

この物質は安価に作れますが、
洗浄力が強力で、頭皮に刺激が強いものです。

合成シャンプーのアミノ酸系シャンプーの場合、
植物油にアミノ酸を加えて作られたものが多いようです。
ココイルグルタミン酸ナトリウムなどがあります。

価格は比較的、高いものですが、
洗浄力は優しく、頭皮への刺激も優しいものです。

石けんシャンプーの場合

動物や植物の油に水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを
混ぜたものを使用しています。

脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどが
主成分になっています。

価格は高くなく、
洗浄力は強く、頭皮への刺激は優しいものです。

合成シャンプーと、石けんシャンプーの製造メーカー。

合成シャンプーを製造している会社

花王、ライオン、ユニリーバなどがあります。
大手の会社が多いようです。

石けんシャンプーを製造している会社

シャボン玉石けん、ミヨシ、太陽油脂などがあります。

石けんシャンプーは合成シャンプーに比べると、
作るのに手間がかかるため、
製造メーカーはあまり多くないようです。

テレビでCMを頻繁に流しているのも、
合成シャンプーの会社のほうです。

合成シャンプーと石けんシャンプーのph。

合成シャンプーは酸性です。
石けんシャンプーはアルカリ性です。

その性質を利用して、
簡単な見分け方があります。

合成シャンプーと、石けんシャンプーの見分け方

合成シャンプーと石けんシャンプーは、
酢を使うと簡単に見分けることができます。

まず、洗面器を二つ用意して、水を入れます。
そして合成シャンプーと石けんシャンプーを
それぞれ洗面器に入れて泡立てます。

そして、その洗面器に酢を入れてみましょう。

洗面器に発生した泡が消えてなければ、
合成シャンプーです。

洗面器に発生した泡が消えて、
溶液が白く濁っていれば、
石けんシャンプーです。


合成シャンプーと石けんシャンプーでは
原料、効果、市場での規模の大きさなどが違いました。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す