全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーと石鹸、どっちが髪のケアに効果があるの

石鹸シャンプーと石鹸。
普段、何気なく使っていますが、
どっちが髪に効果があるのでしょうか?

石鹸には髪を洗うための石鹸シャンプーがあります。
では普通のシャンプーとどう違うのでしょう。
そのあたりを詳しく説明させていただきますね。

シャンプーと石鹸。どう違うの?

シャンプーと石鹸シャンプー。
実は原材料が違うんです。

世間に広く出回っているシャンプーは、高級アルコール系シャンプー、
合成シャンプーとも呼ばれています。

このシャンプーは合成界面活性剤を使用しているんです。
合成界面活性剤の原料は石油です。

対して石鹸シャンプーは脂肪酸ナトリウム、
脂肪酸カリウムなどが主成分です。
これらは動物・植物の油のことです。

一般的な石鹸にはさらに保湿料、香料などが加えられています。
また、主成分のみの無添加石鹸シャンプーもあるようですね。

石鹸シャンプーには液体タイプと固体タイプのがあります。
液体タイプの方が泡立てやすくて、使いやすいようです。

さらに、さっぱりタイプとしっとりしたタイプがあります。
頭皮の油が多い人にはさっぱりタイプ、
頭皮の油が少ない人にはしっとりタイプがオススメです。

シャンプーと石鹸。効果の違い。

まず合成シャンプーで髪を洗います。
その後、合成リンスを使います。

すると、髪に不溶性結晶が残ります。
不溶性結晶とは水に全く溶けない物質のことです。
これが髪にくっついて残り、ふんわりの元になっていたんです。

また、合成シャンプーにはポリマーやシリコンが配合されています。
これも髪の表面にくっついて、つやつやの元になっていたんですね。

それに対して、石鹸シャンプーの成分はアルカリ性です。
そのため髪を洗った直後はギシギシします。

これは髪の表面を覆っているキューティクルが、
開いた状態になっているんですね。
言わば髪がむき出しの状態です。

そこに石鹸シャンプー専用リンスを使います。
これは弱酸性の成分でできています。

そのため、キューティクルを閉じる働きがあります。
すると髪は元のさらさらの状態に戻ります。

このようにして石鹸シャンプーは
髪を本来の姿に戻す働きがあるんですね。

どっちがいいの?

石鹸シャンプーを使うと、髪と頭皮を本来の姿に取り戻してくれます。
では、シャンプーを使うと髪にとってマイナスなのでしょうか。

そんなことはありません。
確かに上記のような合成シャンプーも広く出回っています。

しかしシャンプーにも様々な種類のものがあります。
アミノ酸系洗浄剤が入っているシャンプーならば、
髪に負担をかけずに、効果的な補修を与えてくれます。

これから生えてくる毛のために、
頭皮を健康で清潔な状態に保つためには、
石鹸シャンプー。

現在の髪に補修が必要な場合は、
アミノ酸系洗浄剤のシャンプー。

大切なのは正しい知識で、自分に合ったものを選ぶことですね。

あなたが良いシャンプーに出会えることを願っています。


シャンプーと石鹸シャンプー。
両方の特徴を知っておくと、自分に合ったシャンプーが、
見つかりやすくなるかもしれませんね。

コメントを残す