全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーとしてのパンテーンの特徴は何でしょうか?

パンテーン
パンテーンと言うシャンプーは昔からありますが「汚れ
を落とすだけでなく、髪の内側から補修し濃密補修
プロビタミン処方でキレイな毛先が続きます。とあり
ますが、本当にそんな効果があるのでしょうか?

P&Gのシャンプーでパンテーンのシリーズはいろいろと出ていますが、効果
はどんなものなんでしょうか?宣伝しているように髪にも頭皮にも良い
のか、それにシャンプーは頭皮を洗うものなのに髪の事ばかり宣伝しています。

傷んでしまった毛先や変色した毛先の補修をすることを強調していますが
これは、トリートメントの仕事ですね。髪質を合わせれば、効果は期待
できるのか、メリット・デメリットを紹介していきますね。

パンテーンのダメージ用シャンプーのメリット、デメリットは?

「プロテインの流出を防止し、
濃密補修プロビタミン処方でキレイな毛先が
続く…髪の内部から補修」という謳い文句の、
シャンプーがあります。

それは、パンテーンエクストラダメージ
ケアシャンプーというシャンプーです。

まずは使用感は、泡立ちもそこそこ良くて、
香りも無難な香りで悪くはありません。

洗い上がり感はサラサラとして、
指通りなめらかになります。

ボリュームのある髪は落ち着きますが、
成分を考えれば当然だと思います。

シリコン成分がはいっていますので、
仕上がりが良いのは、シリコンがカバーしているから。

気になるのは、この成分が配合されているということです。

「ラウレス硫酸アンモニウム」「キシレンスルホン酸アンモニウム」
「ラウロアンホ酢酸Na」「ラウリル硫酸アンモニウム」
「香料」「ジメチコン」「安息香酸Na」

そして、「メチルクロロイソチアゾリノン」
「メチルイソチアゾリノン」などは、
少々問題ありな成分です。

メインの洗浄剤はラウレス硫酸アンモニウム
非常に良い泡立ちがあるのですが発ガン要素がある為、
問題ありな成分です。

キシレンスルホン酸アンモニウム、
さらにラウレスより危険なラウリル硫酸アンモニウムも配合。

これらは、洗浄力が強く、頭皮や髪に、
かなりの負担を与える成分です。

キシレンスルホン酸アンモニウムは、
危険な合成界面活性剤です。

ラウリル硫酸アンモニウムになると、
発毛障害になる成分です。

指通りや仕上がり感だけを求めるなら、
仕上がり感はいいです。

ですが、このシャンプーで頭皮ケアは期待できません。

汚れが落ちずに髪だけサラサラになりますが、
この仕事はコンディショナーや、
トリートメントの役割です。

パンテーンのダメージ用シャンプーのメリット、デメリットは?

「プロテインの流出を防止し、濃密補修プロビタミン処方でキレイな毛先が
続く…髪の内部から補修」という謳い文句のパンテーンエクストラダメージ
ケアシャンプーという謳い文句のシャンプーです。

まずは使用感は、泡立ちもそこそこ良くて香りも無難な香りで悪くはあり
ません。洗い上がり感はサラサラとして、指通りなめらかになります。
ボリュームのある髪は落ち着きますが、成分を考えれば当然だと思います。

シリコン成分がはいっていますので仕上がりが良いのは、シリコンがカバー
しているから。気になるのは、この成分が配合されているということです。

「ラウレス硫酸アンモニウム」「キシレンスルホン酸アンモニウム」
「ラウロアンホ酢酸Na」「ラウリル硫酸アンモニウム」「香料」「ジメチコン」
「安息香酸Na」「メチルクロロイソチアゾリノン」「メチルイソチアゾリノン」

などは、少々問題ありな成分です。メインの洗浄剤はラウレス硫酸アンモニウム
非常に良い泡立ちがあるのですが発ガン要素がある為、問題ありな成分です。
キシレンスルホン酸アンモニウム、さらにラウレスより危険なラウリル硫酸
アンモニウムも配合。

洗浄力が強く、頭皮や髪にかなりの負担を与える成分です。キシレンスルホン
酸アンモニウムは危険な合成界面活性剤で、ラウリル硫酸アンモニウムになると
発毛障害になる成分です。

指通りや仕上がり感だけを求めるなら、仕上がり感はいいです。ですが、この
シャンプーで頭皮ケアは期待できません。汚れが落ちずに髪だけサラサラに
なりますが、この仕事はコンディショナーやトリートメントの役割です。

パンテーンのノンシリコンシャンプーのメリット、デメリットは?

パンテーンからノンシリコンのシャンプーが発売されました。エクストラ
ダメージケアシャンプーと仕上がりは似たような感じですが、口コミの中に
気になる事がありました。

「使い始めてから、背中や顔にニキビみたいな出来物が出来た」「背中に
大量のニキビが出来た」などとトラブルが少なくありません。

なによりも成分がはっきりしていないんです。ホームページやサイトを探し
てもハッキリ記載されていません。頭皮に刺激のある成分が含まれているの
か、たまたま合わなかったというにはトラブルは少なくないのです。

コメントを残す