全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

luxシリーズのシャンプーは、どんなシャンプーですか

lux
様々な種類のシャンプーが発売されています。
その中で、luxシリーズのシャンプー
どんなシャンプーなのでしょうか?

luxシリーズのシャンプーの一つには
頭皮に刺激の強い成分が使われています。
そのあたりを詳しく説明しますね。

luxシリーズの、スーパーリッチシャインシャンプー

ユニリーバジャパン社が
市販しているシャンプーの中に、
luxシリーズのシャンプーがあります。

そして、その中には
スーパーリッチシャインシャンプー
というものがあります。

これはどんなシャンプーなんでしょうか?
いろいろと調べてみました。

luxシリーズのシャンプーはどんな成分

成分を見てみると、いくつか合成界面活性剤
配合されています。その中で、
次の物質はどんなものなんでしょうか?

よく聞く名前を3つの成分をピックアップして、
その意味をちょっと調べてみましたので、
説明します。

・ラウレス硫酸ナトリウム
・コカミドプロピルペタイン
・ドデシルベンゼンスルホン酸TEA

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウレス硫酸ナトリウムは、
以前は石油を原料にして作られていた、
界面活性剤(洗浄剤)の一種です。

その製造法は、石油に濃硫酸を加えて
作るという方法でした。

しかし、現在は、植物成分からの
合成で作られることが、多いそうです。

洗剤効果は高いのですが、
頭皮への刺激も強いものです。

コカミドプロピルペタインは

コカミドプロピルペタイン
ヤシ油脂肪酸とベタインを
原料にして作られています。

ヤシ油脂肪酸は、
ココナッツの種から作られた
ヤシ油から抽出されています。

そして、ベタインはクコやサトウ大根
多く含まれているものです。

ラウレス硫酸ナトリウムと同じく、
界面活性剤(洗浄剤)の一種ですが、
頭皮への刺激は比較的優しいようです。

ドデシルベンゼンスルホン酸TEA

ドデシルベンゼンスルホン酸TEAも、
界面活性剤の一種です。

ドデシルベンゼンスルホン酸と、
トリエタノールアミン(TEA)

原料にして作られています。

どちらも石油などの鉱油系の、
原料を使っているんです。

そのため、皮膚を刺激してしまいます。
生分解性にも疑問が残ります。

また、成分を皮膚につけると
肌荒れを起こすと言われています。

ラウレス硫酸ナトリウムと、
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは、
界面活性剤(洗浄)の効果が高い成分でした。

しかし、頭皮にも影響を与えそうですので、
あなたが、頭皮にトラブルがあるのなら、
使用を控えた方が良いと思います。

また、これらの成分は、
比較的、安価に生成できる物質のようです。

luxシリーズのCM

luxシリーズではCMで、
たくさんのハリウッド女優を
起用してきました。

デミ・ムーア、ジェニファー・コネリー、
キャサリーン・セタ・ジョーンズ、
などなど・・・

そしてイメージ戦略に成功して、
その中で、売り上げを伸ばしてきました。

しかし、シャンプーを作る予算というのは
限られているはずです。

広告、販促費用に莫大な金額が必要な
CMをしているところは、どこか他の部分で、
出費を抑えなければいけません。

どういった部分の予算を
節約しているのでしょうか?

あまり宣伝が派手なところのシャンプーは、
ちょっと、中身が心配な気がします。

あなたは、どう思われますか?


luxシリーズのシャンプーには
頭皮に刺激の強い成分が使われていました。
あなたの頭皮に合いますでしょうか・・・?

コメントを残す