全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

市販のシャンプーには、どのようなものがありますか?

市販
現在、市販されているシャンプーには、
どのようなものがあるんでしょうか?
そして、どのような違いがあるんでしょうか?

現在、市販されているシャンプーには
それぞれ良い点と悪い点があるんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

現在、市販されているシャンプーには
たくさんの種類がありますが、
大きく分けると、次の3種類に分かれます。

それは、

・高級アルコール系シャンプー
・アミノ酸系シャンプー
・石鹸系シャンプー

の3種類です。

あなたは、それぞれの違いをご存知ですか?
少し、説明してみますね。

市販の高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは、
現在、最も広く出回っているシャンプーです。

そして、
高級・・・というのは、高価であるという
事ではありません。

高級アルコール系とは、原子で言うところの、
炭素数6以上の複雑な構造をもった、
アルコールの一種であるという事です。

突然、理科(化学)の授業みたいな
時間になってすみません。

つまり、ここで言う高級アルコールとは、
石油化学により化学合成された、
工業生産品という事ですね。

高級アルコール系シャンプーの洗浄成分は、
ラウリル硫酸ナトリウムや、
ラウレス硫酸ナトリウムなどです。

価格は安く、ドラッグストアや
スーパーなどで広く取り扱っているため、
手に入りやすいものです。

しかし、洗浄成分は植物の油脂や石油に
濃硫酸を加えて作られたものですので、
頭皮に対して刺激が強いものになっています。

そして、脱脂力が強い成分が入っているため、
頭皮に必要な脂まで洗い流してしまいます。

さらに、たんぱくを変質させるような
性成分が入っているため、頭皮のたんぱく質を
変性させる可能性があります。

あなたの頭皮が強く、洗剤負けなどを
しないのであれば、問題なく使用できます。
また、頭皮の脂が多い場合にもオススメです。

市販のアミノ酸系シャンプー

洗浄成分はヤシ油などの植物の油脂に、
グルタミン酸などのアミノ酸を加えて
作られています。

高級アルコール系シャンプーと比べると、
頭皮への刺激は少ないシャンプーです。

頭皮の汚れと余分な脂は洗い落としながら、
頭皮に必要な脂はしっかりと残してくれます

さらに、シャンプーの中のアミノ酸が、
傷んだ頭皮に働きかけて、
頭皮の補修まで行ってくれます。

しかし、高級アルコール系シャンプーと
比べると、価格は比較的、高価なものです。

さらに店頭販売では手に入りにくいという
シャンプーでもあります。

アミノ酸系シャンプーは肌の弱い人や、
髪が傷んでいる人に、
オススメのシャンプーです。

また、毎日しっかりと時間をかけて
シャンプーしたい人にもオススメです。

市販の石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは、動植物の油脂に、
水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを
加えて作られたものです。

洗浄力は強力ですが、
頭皮への刺激は優しいシャンプーです。
価格もそれほど高価ではないようです。

しかし、石鹸カスが大量に出ることが多く、
その成分などが、頭皮や髪の毛に
残留することが多々あります。

そのため、すすぎには時間をかけて、
しっかりと行う必要があります。

さらに、頭皮は弱酸性ですが、
石鹸シャンプーはアルカリ性です。

その影響で、洗い上がりには
髪がごわつくことがあるようです。

そのような場合には、
別途、専用リンスなどで、
ケアをする必要があります。

あなたの頭皮が、脂が多い場合、
しっかりとすすぎを行うのであれば
オススメのシャンプーです。

市販されているシャンプーを購入する際の注意

市販されているシャンプーを購入する際、
世間一般の人たちは、
どんな条件を決め手にしてるんでしょうか?

以前、どこかのテレビ番組の
アンケートの結果をみていると、
次のようなものが決め手になっていました。

・詰め替え用がある。
・価格が安い。
・信頼できるメーカーが作ったものである。

などです。

そして、シャンプー購入時に参考にする
情報としては、テレビのCMがほとんどでした。

そのように、メーカーの宣伝をたよりにして、
使われている成分を知らずに購入した場合、
シャンプー選びに失敗することも多いようです。

たとえば、シャンプーの刺激が強すぎて、
頭皮や髪の状態が悪化した、
というケースもあります。

そういった事態を避けるためにも、
正しいシャンプーの知識を身につけて
自分に合ったシャンプーを選んでくださいね。


現在、市販されているシャンプーには、
それぞれ良い点と悪い点があります。
あなたに合うシャンプーが見つかりますように。

コメントを残す