全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの詰め替えを、そのまま使うことはできますか?

詰め替え そのままシャンプーの詰め替えって、経済的です。
そのまま使えたら、もっと便利だと思います。
ゴミも減らせてエコロジーな詰め替え用シャンプーを、
そのまま使うことはできるのでしょうか。

詰め替え用シャンプーをそのまま使うのは、使いづらいものです。
でも、そのままセットできるボトルや、
詰め替えパウチに取り付けられるキャップが売られています。
詰め替えをそのまま使うのは、
良い方法なのかについても考えてみます。

シャンプーの詰め替えを、なぜ、そのまま使いたいの?

「そのまま使いたい」という声には
いろいろな考えがあります。

「詰め替え続けると、ボトルが不衛生」
「詰め替えるのが面倒・苦手」
「詰め替え用が経済的だから」などです。

でも、シャンプーの詰め替えは、そのまま使うには
使いづらいですよね。

まず、ちょうど良い量を出すのが難しくなります。

また、口が開いてしまうので、雑菌が入る心配もあります。

もちろん、シャンプーには防腐剤が入っていますが、
こんな使い方は想定外ですから、
やはり心配ですよね。

詰め替えをそのまま使える、良い方法を探してみました。

シャンプーの詰め替えをそのまま使える商品がある!

ところが、探してみると
シャンプーの詰め替えをそのまま使うための
補助商品がたくさんありました。

たとえば、詰め替えパウチをそのままセットできる、
ディスペンサーボトルがあります。

シャンプーの詰め替えパウチの上部を
カットしてボトルに入れ、
キャップ部分を差し込むだけで使えます。

また、キャップ部分を直接、詰め替えパウチに
取り付けられる商品も売られています。

中には、逆さまにつり下げられるタイプのキャップもあります。

逆さまだとすぐに出てくるし、最後まで使い切れます。
浴室の棚がすっきりして、お掃除も楽になりそうですね。

シャンプーの詰め替えをそのまま使う、デメリットは?

では、シャンプーの詰め替えをそのまま使うのは、
良いことばかりだと思いますか?

最後まで使える、ゴミが少なく経済的、
などのメリットがある一方、
デメリットも考えられます。

シャンプーは商品によって、粘度や適量がちがいます。

専用ボトルはそのシャンプーに合わせて作られており、
適量が出るように工夫されています。

でも、そのまま使えるボトルや付け替えキャップは、
そのシャンプー専用ではないので、
出にくい、量が少ない、多いなどの使いにくさがあるようです。

シャンプーの詰め替えをそのまま使うための商品が、たくさん売られています。
「ゴミが減らせる」「経済的」と人気の高い詰め替え商品ですが、
専用ポンプに詰め替えた方が、使い勝手はよいようです。

コメントを残す