全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

薄毛の対策にはどんなシャンプーをすればいいですか?

薄毛年齢と共に薄毛になる人が多いようです。
では、なぜ薄毛になるのでしょうか?
また、どのようなシャンプーをしたら良いのでしょう?

薄毛の原因は、男性ホルモンによる場合と
遺伝による場合があったんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

薄毛の原因は何ですか?

薄毛・抜け毛の問題で悩んでいたのは
昔は男性が多かったようですね。
しかし、今では女性も多いようです。

薄毛の原因は様々なものがあります。
その中には男性ホルモンによるものと
遺伝によるものがあります。

男性ホルモンが原因での薄毛。

髪は男性ホルモンと深く関わっています。

男性が薄毛になる最大の原因は
男性ホルモンのためだったんですね。

本来、男性ホルモンは体毛の成長を助けるものなんです。
しかし、頭皮ではその作用が逆の方向に働くんです。

男性ホルモンは頭皮にたどり着くと
2型5aリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつきます。
そしてDHTという物質に変わります。

さらにこのDHTは頭皮の受容体という遺伝子と結びつきます。
すると、頭皮に髪の毛を作るな、
という命令を出す物質に変わるんです。

つまり、この物質が多い人ほど薄毛になっていたのです。

では答えは簡単です。
この物質の働きを抑えてやればいいんです。

そのためにそういった効果のある成分を
配合した育毛剤が発売されているようです。

遺伝による薄毛

また遺伝による原因も上げられます。

ここで注意してほしいのですが、
遺伝だからと言って必ず薄毛になるのではないのです。

男性ホルモンを受け取る受容体という部分の
遺伝子を調べることが大切です。

この受容体が男性ホルモンを
受け取りやすい体質だったならば、
薄毛になりやすい体質ということになります。

受容体が男性ホルモンを
受け取りにくい体質だったならば、
薄毛になりにくい体質ということになります。

女性の薄毛

では女性の場合はどうでしょうか。

女性の薄毛の原因は女性ホルモンが
減少していたためだったんです。

老化が進み、更年期障害によって
ホルモンバランスが乱れていました。

そのため女性ホルモンが減少して、
男性ホルモンが優位に立ち、
薄毛になってしまったのです。

女性の場合は男性とは違い、
髪の毛自体が細くなる傾向があります。

頭皮を清潔な状態に保ちましょう。

上記のような育毛剤を使用する場合は、
土台となる頭皮が清潔な状態だと
その効果は最大限発揮されます。

そのために頭皮に刺激の少ない、
アミノ酸シャンプーなどを使用して
頭皮を清潔な状態に保ちましょう。


薄毛の原因には男性ホルモンによるものと
遺伝子によるものがありました。
自分に合った薄毛対策をしていきましょう。

コメントを残す