全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

女性が薄毛になるのはなぜですか?どんなシャンプーを使えばいいですか?

女性 薄毛最近、女性でも薄毛で悩む人がいるようです。
では、なぜ薄毛になるのでしょうか?
どうすれば薄毛は治るのでしょうか?

女性が薄毛になる原因にはいくつかあります。
そして、その対策方法も様々です。
そのあたりを詳しく説明しますね。

女性が薄毛になる原因

女性が薄毛になる原因には、次のものがあります。

出産の影響によるホルモンバランスの影響で薄毛になる。
パーマやカラーリングによるダメージで薄毛になる。
シャンプーによるダメージなどで薄毛になる。

出産後の薄毛の原因は何ですか?

出産の影響によるホルモンバランスの問題。
これは女性特有のものではないでしょうか。

女性ホルモンには代表的な2つのホルモンがあります。
プロゲストロン(黄体ホルモン)と
エストロゲン(卵胞ホルモン)です。

通常、女性の体内では、
この2つのホルモンが交互に働いています。

しかし妊娠中はプロゲストロンが優位に働きます。
エストロゲンはおとなしくなります。
すると体はこの状態に慣れていきます。

そして、出産後、エストロゲンが急激に多くなります。
すると体がその変化についていけなくなります。
そのために薄毛になっていたのです。

また、エストロゲンは毛髪を発達させる働きもあります。
そのため妊娠中に抜けるはずだった髪が、
出産後に抜けてしまうこともあります。

時間が経てば治ります。

この状態は時間が経てば自然に収まります。
産後6ヶ月~1年ほどです。

その間に生活習慣をしっかりしたものにしましょう。

睡眠をしっかりとりましょう。
髪の成長に良い時間は22時から2時だと言われています。
この時間帯にしっかり睡眠をとりましょう。

ストレスが溜まらないようにしましょう。
出産後の育児ではストレスが溜まりがちですが、
家族などの協力を得ましょう。

栄養のバランスの良い食事を心がけましょう。
産後に無理なダイエットをする人もいますが、
髪の毛に必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

妊娠中でも薄毛になることがあります。

また、妊娠中でも抜け毛が起こることがあります。

赤ん坊に栄養を与えるために、
自分の髪への栄養が足りなくなってしまって
薄毛になってしまうことがあるんです。

その他の薄毛の原因

パーマやカラーリングで傷んだ髪や
シャンプーによる頭皮へのダメージが
原因で薄毛になる場合もあります。

これにはヘアケアをしっかりとすることが大切です。

市販されている硫酸系シャンプーを使った場合、
洗浄力が強力すぎるようです。
頭皮や髪に刺激が強すぎる場合があります。

頭皮に優しく、傷んだ髪の補修を行ってくれる
アミノ酸系シャンプーがオススメです。


女性が薄毛になる原因には様々なものがありました。
そして、その対策も様々ありました。
自分に合ったシャンプーを選びましょう。

コメントを残す