全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

脱毛を防ぐには、シャンプーはどのように使えばよいですか?

脱毛年齢を重ねると、抜け毛が多くなることがあります。
脱毛の原因にはどんなものがあるんでしょうか?
また、シャンプーはどんな役割をするのでしょうか?

脱毛の原因には様々なものがあります。
その1つは男性ホルモンと女性ホルモンによるものがあるんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

発毛から脱毛までのサイクル。

髪には生まれてから、抜け落ちるまでの
ヘアサイクルがあります。
大きく分けると、次の三つに分かれます。

成長期
退行期
休止期

成長期は、毛根の下のほうにある毛母細胞が
活発に細胞分裂して、
髪がどんどん製造される期間です。

作られた髪は上のほうに、
どんどん押し上げられていきます。
髪は太く、長くなっていきます。

退行期は、毛母細胞の細胞分裂が衰える時期です。

そして休止期に入ります。
すると古い髪の毛の毛母細胞の細胞分裂はストップします。

そして休止期の途中から新しい髪の毛が作られます。
そしてこの新しい髪の毛が成長期に入る前に、
古い髪の毛は抜け落ちていきます。

成長期は2~6年、
退行期は2~3週間、
休止期は3~4ヶ月程度です。

髪のヘアサイクルの90%は成長期になります。

男性と女性の脱毛の原因の違い。

男性の場合

男性ホルモンの増加が脱毛の原因になります。

男性ホルモンであるテストステロンは、
頭皮にたどり着くと、
頭皮にある酵素・5aリダクターゼと結びつきます。

すると、DHTという物質になります。
これは髪の毛を作る毛母細胞に働きかけます。

ヘアサイクルの中の、成長期を短くしてしまうのです。
すると、髪は十分に成長できず、短くて細いものになってしまいます。

さらに、抜け落ちるのも速くなってしまいます。
そして新しい髪の毛は生えてこなくなります。

女性の場合

女性ホルモンの減少が、
脱毛の原因になってしまいます。

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)は
髪のへアサイクルの中の、
成長期を持続させる働きがあります。

しかし、年齢を重ねていくと、
このホルモンの分泌は少なくなっていきます。

すると、髪の成長期が短くなってしまいます。
すると髪は十分に成長できずに細くなってしまっいます。
そして抜け落ちるのも速くなってしまいます。

通常、女性の髪は毛穴からは3本の髪が出ているのですが、
1~2本に減ったりします。
新しい髪の毛の誕生にも影響を与える可能性があります。

脱毛への対処法

上記のようなものが原因での脱毛には、
育毛剤やヘアクリニックなどで対処することはできます。

しかし、その場合でも、シャンプーで土台である頭皮を
清潔で健康な状態に保つことが大切になります。

頭皮の洗浄、マッサージをきちんと行い、
その上で自分に合った対処法を選ぶ必要があります。


脱毛の原因には男性ホルモンによるものと
女性ホルモンによるものがありました。
シャンプーで土台である頭皮をしっかりとケアしていきましょう。

コメントを残す