全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

パサつきのある髪にはどんなシャンプーをすればいいですか?

パサつき私たちの髪は油断すると、パサつきのある髪になります。
髪がパサつく原因には、どんなものがあるんでしょうか?
どんなシャンプーをすればいいんでしょうか?

髪がパサ付く原因の中には薬品によるものと
紫外線によるものがあったんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

パーマをかけた時に髪はパサつきます。

髪のパサつきの原因にはパーマがあります。
パーマ剤を使用すると
髪の内部に空洞ができるのです。

通常、パーマ剤は1剤で髪内部の結合を切断します。
そして、好きな形状に整えたところで、
2剤で再び、髪の内部を結合させます。

しかし繰り返しパーマを行っていると、
髪内部の結合が切断されたままになってしまうのです。

また、パーマ剤は髪の表面にも影響を与えます。
パーマ剤は髪の内部に浸透するために、
髪の表面の成分をはがしてしまうのです。

通常、私たちの髪の表面はキューティクルが覆っています。
そのキューティクルの表面を
MEAという物質が覆っているんです。

このMEAは1回のパーマで、
約半分の量が剥がれてしまうことがあるんです。

すると、キューティクル同士が結びつかなくなり、
浮かび上がってきます。

するとシャンプーの時などに、
髪内部のたんぱく質や脂質が外に
どんどん流れ出していってしまいます。

すると髪の内部に空洞ができてしまうのです。
すると髪のつやはなくなっていき、
色あせてパサパサした髪になってしまいます。

紫外線を受けると髪はパサつきます。

外部の破壊には、紫外線があります。
太陽の紫外線を受けると、
髪もダメージを受けるんです。

紫外線を受けると、
キューティクルの表面を覆っているMEAという物質が
なくなっていきます。

すると、キューティクル同士が結びつかなくなり、
浮かび上がってきます。
すると髪がパサパサした状態になっていきます。

この時、髪の毛同士が擦れあっただけでも
キューティクルは損傷してしまいます。

キューティクルが損傷すると、
キューティクルの隙間から髪の内部のたんぱく質や脂質が
流れ出してしまうことがあるんです。

しっかりと家でケアをしましょう。

髪の毛から流れ出ていった、
たんぱく質(アミノ酸)は補給しなければいけません。
アミノ酸系シャンプーなどで効果的に補給しましょう。

また、紫外線を避けるために、
外出する際には
帽子や日傘を用意しておきましょう


髪がパサつく原因には薬品によるものと
紫外線によるものがありました。
アミノ酸系シャンプーでしっかりとケアをしましょう。

コメントを残す