全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

ダメージヘアには、どんなシャンプーをすれば良いですか?

ダメージヘア髪は様々な原因でダメージを受けます。
カラーリング剤でダメージヘアになったら、
どんなシャンプーをすれば良いのでしょうか?

カラーリング剤は髪にダメージを与えているんです。
そのため、家でのケアが大切になってきます。
そのあたりを詳しく説明しますね。

カラーリング剤にはどんなものがありますか?

髪の色を変えるカラーリング剤には
次のものがあります。

へマニキュア、ヘアスプレー、
ヘアカラーなどがあります。

ヘアマニキュアとは
髪に色つきのフィルターを
かぶせるようなものなんです。

ヘアスプレーとは
一時的に髪の表面に色を付けるものです。
一回のシャンプーで落ちてしまいます。

ヘアカラーとは
髪の脱色と染色を行うものなんです。

髪の毛にはどんな物質がありますか?

髪は90%がケラチンという、
たんぱく質でできています。
残りは水分です。

キューティクルは髪の表面を覆っている物質です。
アルカリ性の物質によって、
結合が切断されてしまい剥がれやすくなります。

これは酸性の物質を加えてやると
元に戻ります。

髪内部のコルテックスという物質の中には、
色素であるメラニンが存在しています。
粒上になって存在しているのです。

この粒が多ければ多いほど、
髪の色は濃くなります。

ヘアカラーとはどんなものですか?

通常、ヘアカラーは1剤と2剤に分かれています。

1剤には酸化染料とアルカリ剤が入っています。
まず、1剤を髪に付けます。

すると、アルカリ剤が髪をアルカリ性にして、
髪の表面にあるキューティクルを開きます。
そして1剤、2剤を髪の内部へ入りやすくするのです。

そして2剤を髪に付けます。
2剤には酸化剤が入っています。

2剤は1剤のアンモニアと反応して
酸素を発生します。

この発生した酸素によって、
髪の毛のメラニン色素を脱色するのです。

メラニンとは
黒髪の黒色のもとになっているものです。

さらに発生した酸素は、
1剤の中の酸化染料に働きかけて、
髪のコルテックスの中で発色させます。

さらに発色した酸化染料の分子は
くっつきあいます。

すると、大きくなって、
髪の中から出られなくなるんです。

ヘアカラーのダメージ。

キューティクルが開くと、
髪の内部のたんぱく質(アミノ酸)が
外に流れ出してしまうんです。

また、ヘアカラーを繰り返していくと
髪のキューティクルはなくなってしまいます。

オススメのシャンプー。

カラーを行ったばかりの髪は
アルカリ性に傾いています。

また、髪の中のアミノ酸が流れ出した場合には
ケアが必要になります。

弱酸性のアミノ酸系シャンプーで、
家でのケアをしっかりとしましょう。


ヘアカラーをした髪はダメージヘアーになっていました。
家でのケアが大切になってきます。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す