全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

ダメージのあるヘアによいシャンプーは、どんなシャンプーですか

ダメージ毎日ちゃんとケアしているのに、
いつの間にかできてしまう髪のダメージ…。
ダメージを受けた髪に、良いシャンプーには、
どんなシャンプーがあるのでしょうか。

ダメージを受けた髪には、刺激の少ないシャンプーをおすすめします。
特に、保湿成分が配合された、
しっとりタイプのシャンプーがおすすめです。
ダメージの理由や防止対策についても考えてみますね。

ダメージヘアの原因は?

現代女性の9割が、
ダメージヘアのケアに悩んでいるというデータがあるそうです。
とても多いですね。

でも、考えてみると、
自分の髪に満足しているという女性は、
確かに、あまり聞きません。

ダメージヘアの原因には、
どんなものがあるのでしょうか。

ダメージの原因

1, ひとつは紫外線です。

紫外線は皮膚を日焼けさせるように、髪にもダメージを与えます。
ましてや髪は、最も紫外線を受けやすい位置にあります。
ダメージが気になるなら、特に、紫外線を避けるようにしましょう。

2, もうひとつはシャンプーやドライヤー、
無理なブラッシングなどの毎日のお手入れです。

髪は濡れた時が特に、ダメージを受けやすい状態です。
シャンプーをする時に、髪を擦るように洗うと、
キューティクルが剥がれやすくなり、髪が傷んでしまいます。

また、最近はドライヤーの出力も高くなっているので、
髪が傷みやすくなっています。

髪の乾かし方も、ブラッシングも、
正しいやり方を身につけて、髪の負担を減らしたいですね。

3, また、美容院で行うパーマやカラー、
そしてその後の間違ったお手入れもダメージの原因です。

もともと、パーマもカラーも、
髪に化学物質を与えて髪を変質させる方法です。

パーマ後やカラー後は、
特に髪が傷みやすくなっていますので、
正しいケアの方法を確認しましょう。

シャンプーがダメージを与える

また、髪に合わないシャンプーや、
ヘアケア製品もダメージの原因になります。

シャンプーを選ぶ時は、値段や香り、買いやすさやイメージなど、
様々なポイントで選ぶと思います。

でも、洗浄力が強すぎる、刺激の強い成分が入っているなど、
シャンプーが髪にダメージを与えることもあります。

また、最近多い、シャンプーやリンスに含まれている、
髪をサラサラさせる成分が髪に悪いことがあります。

このサラサラ成分は、髪をコーティングします。

すると、髪の呼吸の邪魔をしたり、
成分が油焼けを起こしたりと、
ダメージの原因となることがあるのです。


水分が少なくなっているダメージヘアには、
刺激が少なく、保湿力が高いシャンプーがおすすめです。
ダメージを回復させるシャンプーで、髪の健康を取り戻しましょう。

コメントを残す