全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

育毛するためには、どんなシャンプーを使えばよいですか

育毛現在、様々な育毛剤が発売されています。
育毛剤はどんな成分が入っているのでしょうか?
また、どんなシャンプーを使えばいいのでしょうか?

育毛剤には様々な効果のある成分が入っているんです。
そして頭皮に優しいシャンプーを選ぶことも大切です。
そのあたりを詳しく説明しますね。

髪の毛の仕組みはどうなってるのですか?

まずは髪の毛について説明しますね。
毛髪は1カ月に約1cm伸びていきます。

髪の毛には毛球という部分があります。
この毛球の中に毛母細胞と毛乳頭という部分があります。

毛母細胞は毛細血管で運ばれてきた酸素や栄養を
受け取る役割をしています。
そしてそれをエネルギーにして、増殖していくんです。

これが上の方向に伸びることによって
髪の毛が伸びていくんです。

毛乳頭は様々な物質を分泌して
毛母細胞をコントロールする役目をしているんです。

AGA(男性型脱毛症)の場合はどんな命令が送られるのですか?

男性ホルモンは頭皮で5dリダクターゼという物質と
結びついてDHTという物質になります。

これが毛乳頭から毛母細胞に、
髪の毛の成長を抑えろ、という命令が送られるんです。

育毛剤にはどんなものがありますか?

現在、市販されている育毛剤には様々な種類のものがあります。
それを大きく分けると次の3つになります。

1.男性ホルモンの働きを抑える効果があるもの
2.頭皮の血液の流れを良くするもの
3.毛母細胞を活性化するもの

これらの成分の1つを取り出す事によって、
または複数の成分を組み合わせることによって、
効果的な育毛剤が生み出されていたんですね。

1.男性ホルモンの働きを抑えるもの

これはアロエ育毛液が有名です。
アロエの成分であるアロインが
5dリクダクターゼの働きを抑える働きがあるんです。

2.頭皮の血液の流れを良くするもの。

頭皮に必要な栄養素や酸素を送っているのは血液です。
血液は毛細血管を通じて、頭皮まで届いています。

その血管を拡張させる物質を配合しているんです。
元々は血管拡張剤として、他の分野で使われていたんです。

しかし発毛効果があることがわかったんですね。
そのため発毛剤として利用されるようになったんです。
代表的なのは大塚製薬のリアップです。

3.毛母細胞を活性化させるもの。

これは髪の毛の毛根に直接働きかけるものです。
毛乳頭へ直接、発毛しろという命令を出すもの、

または頭皮についた汚れを落として、
毛母細胞を活性化させるものがあります。

毎日のシャンプーをしっかりとしましょう。

これらの育毛剤を使う場合、
土台である頭皮が清潔で健康でなければいけません。

市販されているシャンプーの中で、
高級アルコール系シャンプーなどの刺激の強いシャンプーを使うと
逆に頭皮を傷めてしまうことがあります。

そのためには頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選び、
毎日のケアを忘れないようにしましょう。


育毛剤には様々な成分のものがありました。
そして、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことも大事でした。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す