全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

なぜシャンプーをするとアトピーが起こるのですか?

アトピー
普段、シャンプーを使っていて、
アトピーが起こることがあります。
なぜアトピーは起こるのでしょうか?

アトピーは頭皮が薄くなっているために
起こりやすくなっていたんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

アトピーとは何ですか。

アトピーの症状にはかゆみと湿疹があります。
頭皮にかゆみを感じて、引っかいてしまったため、
大量の引っかき傷を作ってしまう事もあるようです。

アトピーとはアレルギーの一つです。
外部の物質が体の中に入ったとき、
体の中の抗体が過剰に反応するために起こります。

アトピーが起こる人の頭皮。

私たちの体は皮膚で覆われています。
もちろん頭も皮膚で覆われています。

皮膚の最も外側の部分を角層と言います。
この角層が私たちの体を守ってくれているのです。

通常はこの角層のため
外部の細菌や化学物質は
皮膚の中に侵入することができません。

しかしアトピー性皮膚炎になっている人は、
この角層が薄くなっている状態だったのです。

すると、外部の化学物質が
皮膚の中に侵入しやすくなります。
するとアトピーが起こりやすくなります。

では、なぜ、頭皮の角層は、
薄くなってしまったのでしょうか。

原因の一つにはシャンプーがあったんです。

アトピーが起こりやすいシャンプー

硫酸系シャンプー。
このシャンプーには脱脂力を持った成分と
たんぱく質を変性させる成分が入っているのです。

このシャンプーで髪を洗っていたとします。
その時、すすぎが不十分だった場合、
シャンプーの洗浄成分が頭皮の毛穴に残ります。

その洗浄成分が頭皮の脂を奪っていきます。
また頭皮のたんぱく質を変性させていきます。

そのため、頭皮の角質が薄くなって、
スカスカの状態になっていたんです。

そこに、シャンプーの中に入っている
ラウリル硫酸ナトリウムなどの成分が
アレルギーを起こすきっかけになってたんです。

アトピーを起こしにくいシャンプー

硫酸系シャンプー、高級アルコール系シャンプーと呼ばれるものよりも、
低刺激なアミノ酸系、石けん系シャンプーを、
使うことをオススメします。

添加剤にも注意しましょう。

シャンプーを保存している環境によって、
シャンプーの中に雑菌が発生することもあります。
そのため、シャンプーに添加物を混入することがあります。

防腐剤などの添加物は、
シャンプーが腐るのを防ぐためのものですが、
皮膚に刺激を与えるものでもあります。

シャンプーの主成分だけではなく、
添加剤にも注意しましょう。


シャンプーによってアトピーが
起こりやすくなるものもありました。
自分に合った、安全なシャンプーを選びましょう。

コメントを残す