全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

顔の肌荒れの原因になるシャンプーは、どんなものですか?

顔 肌荒れシャンプーをしていて、
顔が肌荒れしてしまうことがあります。
この原因は何でしょうか?

顔の肌荒れの原因になるシャンプーの中には
石油系界面活性剤を使っているシャンプーがあったんです。
そのあたりを詳しく説明しますね。

顔の肌荒れが起こる原因は何ですか?

シャンプーしていて肌が荒れる原因には
次の三つがあります。

肌の水分がなくなったため、乾燥して肌荒れが起こる。
アレルギーで肌荒れが起こる。
たんぱく質変性成分によって肌荒れが起こる。

そして、この三つの原因を引き起こすのは
石油系界面活性剤を使用しているシャンプーが多いんです。

乾燥によって、顔の肌荒れは起こります。

普段、私たちの皮膚の表面は
皮脂でバリアが張られている状態です。

しかし石油系界面活性剤の中には
バリアを破壊するものもあるんです。

石油系の界面活性剤の中には、
脂質と結合する力がとても強い物質が入っています。

そのため、皮膚の皮脂膜を溶かしていきます。
そして、その下にある細胞間脂質と
角質細胞間膜を破壊してしまいます。

すると、皮膚は内部の水分を保持できずに、
蒸発させてしまいます。
すると、乾燥肌になってしまい肌は荒れてしまいます。

アレルギーによって顔の肌荒れは起こります。

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンと呼びます。

アレルゲンが皮膚から体内に侵入してきた時、
私たちの体の免疫を担当する細胞がIgEという物質を出します。
これがアレルゲンを排除しようとします。

しかし、アレルギーの場合は、
これが過剰に働きすぎてしまうんです。

アレルギーを起こしやすい人は、
遺伝もしくは他の原因によって、
このIgEが出やすい体質になっているんです。

他の原因とは、水質汚染、大気汚染、食品添加物などの
影響によって免疫機能に異常が生じた場合です。

界面活性剤によって皮脂のバリア機能が破壊された場合

外部の化学物質や刺激物質の
侵入を防ぐことができなくなります。

すると、アレルギーの原因物質である
アレルゲンは簡単に皮膚内に侵入してしまいます。
すると、アレルギが起こり、肌荒れの原因になります。

たんぱく質変性成分によって、顔の肌荒れは起こります。

石油系界面活性剤の主成分であるラウリル硫酸には、
グアジニン塩酸というたんぱく質変性成分が
含まれている場合があるんです。

皮脂のバリア機能が破壊された肌には
たんぱく質変性成分が侵入していきます。

すると、たんぱく質の安定構造を低下させてしまいます。
たんぱく質とはアミノ酸の分子同士が結びついている状態です。
その結合を断ってしまうのです。

それによって、肌のたんぱく質が変性してしまいます。
すると、肌荒れが起こるんです。

そのため、アミノ酸系シャンプーをオススメします。


顔の肌荒れの原因となるシャンプーには
石油系界面活性剤を使用したものがありました。
あなたに合ったシャンプーが見つかることを心より願っています。

コメントを残す