全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

シャンプーの成分ココイルグルタミン酸Naとは?

ココイルグルタミン酸Naアミノ酸系のシャンプーに含まれる
ココイルグルタミン酸Naという成分は
どのような特徴があり、どのような働きをする
成分なのでしょうか?

ココイルグルタミン酸Naは、髪、頭皮、
目に刺激の少ないアミノ酸系シャンプーに含まれ、
洗浄剤(界面活性剤)の働きをしています。

本文で、その働きや特徴を詳しく解説します。

ココイルグルタミン酸Naの分類・特徴

ココイルグルタミン酸Naは、
4種類ある界面活性剤の一つである
陰イオン(アニオン)系界面活性剤に属します。

陰イオン(アニオン)系界面活性剤であるので、
一般的には洗浄力、泡立ちが良く、4種類ある界面活性剤の中では、
もっとも多くの製品に使用されています。

しかし、その洗浄力の強さ故に、目に刺激が強すぎたり、
頭皮を含む皮膚が、合成化学物質に弱い人にとっては、
刺激が強すぎる場合もあります。

人によっては、皮膚トラブルを起こすために、
使いづらいという問題点を抱えています。

ところが、一部の人には刺激が強すぎるという、
問題点のある陰イオン界面活性剤ですが、
ココイルグルタミン酸Naは、少し違います。

陰イオン界面活性剤の中では、
もっとも刺激が少ないアミノ酸系の界面活性剤なのです。

そして、刺激の弱いアミノ酸系界面活性剤も、その種類は、
たくさんありますが、その中でも、特にココイルグルタミン酸Naは、
もっとも刺激が弱い部類の界面活性剤なんです。

そのため、刺激は避けたいが、皮脂などが多く脂性なので
洗浄力の強いシャンプーを使いたいと言う人などに適している
界面活性剤成分です。

ココイルグルタミン酸Naの製品への表示名称について

シャンプーは薬事法上、化粧品に分類される場合と、
医薬部外品に分類される場合があります。

化粧品に分類されるシャンプーには、
「ココイルグルタミン酸Na」
という名称で成分表示されます。

一方、医薬部外品に分類されるシャンプーには、
「N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム液」
という名称で表示されます。

尚、別途、略称による簡易表記も行われます。

化粧品に分類されるシャンプーには、
含まれている成分名を
全て表示することが義務付けられています。

医薬部外品に分類されるシャンプーは、
薬用シャンプーと呼ばれます。

薬用シャンプーの場合は、
含まれている全成分を表示する義務はなく、
旧表示指定成分のみを表示するだけの義務しかありません。

従って、この場合、自分に合わない成分があっても、
表示されていない可能性があり、表示されていないから、
含まれていないとは判断することができないことになります。

ココイルグルタミン酸Naの合成方法

ココイルグルタミン酸Naがどのような物質から
合成されているかを説明します。

まず、ヒトの身体のタンパク質を作っている、
20種類のアミノ酸の一つであるグルタミン酸とヤシ油や、
パーム核油などの植物油から作られる脂肪酸を用います。

この脂肪酸の二つの有機化合物を、
共有結合という有機合成反応を行わせて縮合物を作ります。

この縮合物は、弱酸性で、この縮合物と強いアルカリ性をもった
水酸化ナトリウムを反応させて、
ココイルグルタミン酸Naが作られるのです。

中学校の理科で学ぶ
「酸とアルカリが反応して塩ができる中和反応」ですね。

弱い酸と強いアルカリの反応なので、
できたラウロイルメチルアラニンNaは
アルカリ性を示します。

グルタミン酸がアミノ酸であることから、
ココイルグルタミン酸Naが配合されたシャンプーは、
アミノ酸系シャンプーとなります。


ココイルグルタミン酸Naは、陰イオン(アニオン)系界面活性に属し、
洗浄力や泡立ちが良く、かつ刺激の少ない界面活性剤成分です。
ココイルグルタミン酸Naがあればアミノ酸系シャンプーとなります。

コメントを残す