全米で大ブームを巻き起こし、ミランダー・カーなどセレブの間で美ボディ作りの定番ドリンクとなったKOMBUCHA(コンブチャ#昆布茶じゃないよ)。

日本では長谷川潤さんやローラさんなど…トップモデル達が、酵素ドリンク、スムージーや、クレンズジュースに次、この新・燃焼系菌ダイエットドリンクにゾッコン。

特に日本では「Ce’Parfait (セパルフェ)」というセレクトブランドからいち早くリリースされた「KOMBUCHA CLEANSE(コンブチャクレンズ)」(#美味しいマンゴー味)が国産だから安心安全の高品質!

新しいクレンズダイエットのブームを巻き起こす予感!

旧表示指定成分とは何でしょうか?

旧表示指定成分アレルギーなどの皮膚障害が起こる可能性が
あると言う旧表示指定成分とは、何でしょうか?
シャンプーに配合されていると危険なのでしょうか?

旧表示指定成分は、2001年3月まで薬事法で、
化粧品に配合する場合は、必ず表示しなければならないと
義務付けられていた103種類の成分のことです。
旧表示指定成分について本文で詳しく説明します。

旧表示指定成分とは?

旧表示指定成分とは、人体(皮膚など)などに使用すると、
アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性や発がんの可能性があると
疑われる成分のことで、102種類(香料を加えると103種類)あります。

旧厚生省がシャンプーなどに配合する場合は、製品の容器や
パッケージなどに表示するように1980年に法律で告示して、
2001年3月まで表示が義務付けられていました。

現在は、法律が改定されて、シャンプーなど化粧品に配合される成分は、
全ての成分を表示することになったので、旧表示指定成分のみが
表示されているということはありません。

全成分が表示されるようになったので、情報量は増えましたが、
一方で、どの成分が危険性が高いのかは、逆に分かり難くなったと言えます。

少なくとも、危険性の判明している旧表示指定成分には
どのような成分があるのかは知っておいた方が良いでしょう。

旧表示指定成分が配合されていない製品は安全なの?

旧指定成分が危険性の高い成分なら、旧指定成分が全く配合されていない
製品は安全なのでしょうか?
残念ながらNOです。

表示指定成分に指定されている成分は、過去の報告で危険性が
明らかになっているものであって、新しい成分は、まだ危険性が
分かっていないだけということもあるので、表示指定成分ではない成分が、
即、安全であるということにはなりません。

旧表示指定成分は、何らかの危険性が分かっていると言う意味で、
他の成分は安全という意味ではありません。

注意しなければいけないのは、旧表示指定成分を配合していないからと
言う理由で、「無添加」と表現したり、「安全」と表現している製品が
一部でみられることです。

決して、無添加でもなく、安全が100%保証されているわけではありません。

現在、シャンプーや化粧品などに使われている成分は、
約7500種類ほどあると言われていますが、
日本の場合は、わずか103種類しか危険性があるとされていません。

ただし、成分の種類のカウントの基準が異なっている可能性があります。
欧米の基準に合わせると103種類がもっと増える可能性があります。

尚、この場合でも、欧米に比べて危険とする成分の数量が、
日本の場合、少ないことには変化がありません。

同じような趣旨で表示指定成分を定めている数量は
ヨーロッパが約5000種類、アメリカでも約800種類と言われています。

基準の厳しいことで有名なドイツは、日本では単なる表示指定成分の
プロピレングリコール(PG)やラウリル硫酸Naを使用禁止にしています。

同じ成分であっても、旧表示指定成分として表示しなければならない名称と、全成分表示になってから表示される名称が必ずしも同じではないので
注意が必要です。


旧表示指定成分とは、アレルギーなどの皮膚障害が起こる可能性が
ある成分のことです。
ただし、旧表示指定成分以外であれば、安全な成分であると言うことには
なりません。

旧表示指定成分は全部で103種類あり、
化粧品に分類されるシャンプーには配合されている全成分が
表示されているので確認することができます。

コメントを残す